人気ブログランキング |



<   2014年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

水害対策の三沢川分水路
今回は三沢川分水路を取り上げてみます。去年暮れの記事で、大丸用水のうち堀を取り上げたときに、軽く取り上げました。
d0224990_17240799.jpg

三沢川は川崎市麻生区黒川の奥(西東京変電所周辺)を源流とし、稲城市を通って、川崎市多摩区で多摩川に注ぐ河川です。昔から暴れ川と知られていたそうで、たびたび氾濫を引き起こしていたらしい。そこに多摩ニュータウンを代表とした宅地開発の並みが襲いかかります。しかし、どうでしょう。ただでさえ氾濫を引き起こしていた三沢川の周辺を宅地開発するとなると、更に氾濫を引き起こしかねません。いわゆる「森のダム」が失われるのです。
三沢川そのものの改修も考えられました。しかし、都の工事を下流の神奈川県で行うのは良い方法ではなく、さらに下流の川の流域では宅地化が進んでいたため容易ではありませんでした。そこで考えられたのが「三沢川分水路」。川の途中でトンネルを堀り、多摩川に直接流すようなバイパスです。水が増えたときにだけ流すようにしたのです。

1978年、周辺の宅地化に先駆けて分水路の工事がはじまり、1984年(83年説あり)に完成しました。
中間部で6.9メートルの直径がある大規模なトンネルです。


上図は三沢川上流域の宅地開発の簡易図です。一部は分水路完成後に計画されたものや、他水系のものもありますが、流域の多くの山が切り崩されました。

d0224990_17015276.jpg

分水路分岐前の三沢川。水の流れも多いわけではなく、これが反乱するのか・・・というのが正直な感想です。


d0224990_16511337.jpg

分岐部分。巨大なコンクリートの構造物です。普段は水が流入しない造りになっている模様です。

d0224990_16524818.jpg

「三沢川分水路」とでかでか書かれています。この先、稲城中央公園、向陽台の下を抜けて多摩川に注ぎます。トンネルの縦穴も掘られたようなので、遺構が残っていたりしないでしょうかね。話によると、トンネルの位置を示すピンがあるそうなのですが。


d0224990_16530170.jpg

回れ右をするとこんな感じ。いつ流れたかわからない水が貯まって濁っています。



d0224990_18580433.jpg

こちらは以前の記事でも紹介した多摩川への流入口。
ちなみに、このトンネルは大規模開発の雨水問題を解決するために造られた長大トンネルでは日本初だそうです。


街を支える影の立役者「三沢川分水路」。あなたの街にもこのような水路があるのかもしれませんね。




参考文献・参考資料
・稲城市史下巻 864ページ~865ページ
・笹島建設株式会社ホームページ>施工実績>土木技術賞受賞作品
 http://sasajimakensetsu.co.jp/sekou02.htm
 平成26年1月27日閲覧
・パルテノン多摩 定点撮影プロジェクト WEBギャラリー > 三沢川分水路の建設工事
 http://www.parthenon.or.jp/teitensatuei/gallery/archives/316.html
 平成26年1月27日閲覧
by yunomi-chawan | 2014-01-28 10:00 | 散策

大丸用水「宿堀」
d0224990_21143790.png 次は菅堀か吉田新田堀にでもいこうかと思っていましたが、以前大堀を辿ったときに渇れていた宿堀に水が復活していたので宿堀に行ってきました。


d0224990_19352607.png
宿堀は大堀から分岐する小さい水路です。

地図
d0224990_12172811.jpg

自転車でたまたま通りかかった大堀から宿堀が分岐する地点。以前の大堀散策の時には、宿堀には水が流れていませんでしたが、今日はなんと流れていました。若干水位が上昇したからのように見えました。
そのまま帰る予定を変更して、辿ってみることにしました。

d0224990_12174269.jpg

水の流れはこんな感じ。以前は干上がっていました。

d0224990_12181192.jpg

少しいくと暗渠になります。舗装の材質が異なるのでここを流れているのがわかりました。
この先で川崎街道をくぐり、東京都水道局の建物の脇の道を暗渠で流れ、旧川崎街道へ至ります。

d0224990_12182687.jpg

旧川崎街道です。左側が稲城第二ポンプ所の建物です。宿堀は暗渠で海方面に流れます。

d0224990_12184223.jpg

ところどころ上写真のように見えるようになっていたので、ここを流れていることが確認できました。

d0224990_12185504.jpg

旧稲城長沼四号踏切の脇の道を海側に流れ、旧踏切から50メートルほどのところで、高架化された南武線をくぐります。稲城変電所からすぐの場所です。
ちなみにですが、南武線の地上線は一部線路撤去、架線は撤去という具合です。

d0224990_12191345.jpg

線路をくぐった宿堀。写真では確認しにくいですが、水があります。
民家の裏側を50メートルほど流れます。

d0224990_12193056.jpg

再び民家の裏側から旧川崎街道にもどり暗渠となります。(旧川崎街道も線路を横断している。)


d0224990_12194586.jpg

数百メートル暗渠のまま進み、新堀と突き当たる地点で、新堀に合流します。
菅堀を横断する白い管は宿堀から分岐していました。地図からいけば玉川前小堀であると思われます。機会があればこれも散策してみたいと思います。

ま、こんな感じ。暗渠が多いのが残念ですが、姿を表したときに安心感が感じられます。
by yunomi-chawan | 2014-01-27 16:05 | 散策

大丸用水「豊堀」
 

 
d0224990_19500159.png

今回辿った部分です。豊堀はおそらく大丸用水で一番短いと思います。
その長さは実際には測っていませんが100メートルほど。
d0224990_20144873.jpg
川崎街道の多摩川寄りの菅堀から分岐します。


分岐するのは写真のふたの部分からです。

d0224990_19485216.jpg


覗いた写真。よくわかりませんが音を出して分岐しているのが確認できました。

ちなみにちょうどこの場所が都県境です。


d0224990_19485925.jpg
家の裏側を流れるため水路は一部でしか確認できません。
d0224990_19490775.jpg
生垣の裏側に水路があります。
水路が都県境になっています。


d0224990_19112879.jpg
この先すぐに大堀に合流しますが、合流地点は立ち寄れません。写真は大堀の合流地点下流側。

これでおしまい。なんか消化不良です。

地図です。

by yunomi-chawan | 2014-01-22 06:00 | 散策

大丸用水の目次
大丸用水についてまとめるためのページです。
今後もページ下の更新日時にかかわらず更新をする予定です。

 大丸用水は稲城市大丸(おおまる)の多摩川から取水し、稲城市の平野部である大丸、長沼、矢野口、押立などを網の目上に広がる用水路です。造られたのは江戸時代とも言われ、現在は一部宅地化で暗渠となっていますが、多くの場所で水が流れているのを確認できます。
 大丸用水は江戸時代の初期から17世紀までに、年貢徴収のために掘られたものと考えられています。残念ながら詳しい史料は残っておらず、不明でもあります。大丸用水は周辺の大丸村、長沼村、矢野口村、中野島村、押立村、登戸村、五反田村、上菅生村、菅村の9つの村で「武州多摩郡橘樹郡御料私領九ヶ村玉川用水組合」を結成し、運営や管理を行っていたとされています。それらの村は時には争いもあり、村による用水の修繕なども行われていたということです。現在の大丸用水はこのような歴史があったのです。
d0224990_18371320.png



全体の地図

【索引】
多摩川
┗うち堀 <1> <地図>
 ┣大堀(谷戸川) <1> <2> <3> <地図>
 ┃└宿堀 <1> <地図>
 ┃ └玉川前小堀 <1> <地図>
 ┗菅堀 <1> <2> <地図>
  │┗新堀 <1> <地図>
  │ ├大和堀 <1> <地図>
  │ └落堀 <1> <地図>
  ├吉田新田堀 <1> <地図>
  └豊堀 <1> <地図>

※吉田新田堀の出所はわかりませが、とりあえず菅堀に入れておきます。

by yunomi-chawan | 2014-01-21 19:00 | 散策

大丸用水「大堀」その3
d0224990_21143790.png 大堀(谷戸川)の前々回前回の続きを辿ってみます。
 
d0224990_18165849.png
今回辿った部分です。
図の流路図を少しだけ変えました。詳細が分かったためです。

大堀(谷戸川)の最終回となります。意外と長かった・・・。


d0224990_19061335.jpg
鶴川街道をくぐったところから開始します。4車線道路の広い道路です。

d0224990_19062237.jpg
くぐると小さな水路が合流します。これも名前不明。


下流へ向かいます。


d0224990_19073432.jpg
数百メートル行くと分岐があります。
左が本流、右が支流のようです。水の量が少ないため右側への分岐はしていません。
左側で水をせき止められる仕組みとなっており、せき止めれば右へも水が流入できる仕組みのようです。作付のシーズンになれば水が流れるのかもしれません。


d0224990_19083233.jpg
本流はそのまま流れていきます。
水路沿いに道はありますが、看板通り行き止まりです。行き止まりの場所で豊堀が合流します。
合流地点は残念ながら近づけません。


d0224990_19112879.jpg
豊堀の合流地点の下流側を、下流側から上流側に向いて撮影。


d0224990_19120990.jpg
先ほどの場所から下流側を撮影。
ここから神奈川県に入ります。
正面は菅中学校です。大堀は菅中学校をぐるりと迂回します。

d0224990_19135296.jpg
菅中学校の南側を暗渠で流れています。


d0224990_19142159.jpg
菅中学校の東側で再び現れます。


ここからは住宅地の中を流れ道から遠ざかります。

d0224990_19154279.jpg
ちょっとすると道の近くに。


でもすぐに道から住宅を1軒挟んだ向こう側を流れます。

この先で京王相模原線をくぐります。


d0224990_19172121.jpg
もうゴールです。




d0224990_19175753.jpg
三沢川にそそぐ直前の橋から上流向きに撮影。

左側から水路が流れているようです。(水はない)


d0224990_19191769.jpg
その橋から下流側。
右の水門が三沢川にそそぐ場所です。
でも、その手前で水路が分岐しています。(水はない)
d0224990_19204307.jpg
注ぎ口はこんな感じ。
結構水量があります。



d0224990_19271981.jpg
注ぎ口の50メートルほど下流で旧三沢川の分岐があります。
旧三沢川はこの記事で紹介しましたが、ここで分岐していたのですね。しかしながら、よく見てみると旧三沢川の水位まで水が達していません。つまりは旧三沢川へは水は流入してないのですかね?今度確認してみるとします。


d0224990_19305722.png
合流地点の地図。
大堀の合流直前の合流する水路と分岐する水路の意味がよくわかりません。

分岐する水路の方は辿ってみたのですが、暗渠でどこかへ行ってしまいました。結局わからず。



三回に分けて大堀を辿りました。
その1
その2
その3

大堀の地図をまとめました。
地図


大丸用水の主要な水路の一つ大堀はこれにて終了。
次の水路を辿ってみたいと思います。
次回取り上げる水路は「豊堀」です。100メートルほどでしたので今回ついでに辿りました。


では。
by yunomi-chawan | 2014-01-20 06:00 | 散策

試運転が続く横浜線
d0224990_18070648.jpg
試9554K 橋本駅~相模原駅 E233系 横クラH017編成


2度目の撮影です。
撮影10分前ぐらいに暗くなってきてしまいました。少しぶれてます。


d0224990_18065825.jpg
例のステッカー。H017編成は淵野辺駅ですね。
下の帯の濃い緑色が見えないと山手線に見える。


実はこの後にEast i-Eが来たようなんですが、そんなの知りません。


by yunomi-chawan | 2014-01-19 18:00 | 鉄道

人懐っこいスズメさん
駅のロータリー沿いにとても人懐っこいスズメさんがいました。

d0224990_17305242.jpg
植え込みに潜みこちらをうかがいます。


でも、いる場所は

d0224990_17360031.jpg
コンビニの真ん前。
私から2メートル弱。


d0224990_17370942.jpg
コンクリに移動。


d0224990_17375104.jpg
でも、いつもの場所へ。ここが好きなのかな。

d0224990_17381262.jpg
人懐っこいなぁと思っていたんですが、最終的には「こいつデブだ・・・」。

メタボすずめちゃんでした。

by yunomi-chawan | 2014-01-18 00:00 | 散策

横浜線内で試運転 1月17日のE233系
横浜線の新型車両であるE233系の試運転の撮影に行ってきました。


d0224990_17204805.jpg
試9554K 横浜線橋本駅1番線 E233系 横クラH017編成

2番線停車中の電車が発車したあとに、2番線に来るのかなーって思っていたら、1番線に来て驚き。

とりあえず相模原駅へ向かいます。


d0224990_17235640.jpg
夕方で暗く、建物もあり尚更です。少しぶれたのが勿体無い。埼京線のE233系と比べて、LEDが写りやすくなった気がします。
(サイズだけ変換しています)

d0224990_17241634.jpg
一時停車。
横の「YOKOHAMA LINE」と、ステッカーを撮りたかったのですが、すぐに行ってしまわれました。



おなじみE233系。中央線や京浜東北線をはじめとした首都圏の様々な路線で導入が進められています。横浜線もその路線のひとつです。埼京線の導入も完了したそうなので、導入が発表されているされている路線ではのこり横浜線と南武線となります。

横浜線は半年で現在走っている205系を横浜線から引退させ、すべてE233系にする予定です。6ドアは無くなります。導入完了は予定では半年。J-TREKと新津車両製作所で製造されていて、今月の始めにJ-TREKから出場(H016)し、今週始めにも2編成目(H017)が出場しました。新津車両製作所で製作された車両も試運転を行ったようなので、そろそろ関東に来ることでしょう。




by yunomi-chawan | 2014-01-17 22:00 | 鉄道

大丸用水「大堀」その2
d0224990_21143790.png 大堀(谷戸川)の前回の続きを辿ってみます。


d0224990_20094786.png
今回辿った部分です。
d0224990_20081010.jpg
前回は稲城第三小学校の手前まで辿りました。ここで大堀は暗渠となります。

d0224990_20081981.jpg
用水は完全に地下へ。
歩道の下を流れているようですが、水の音もしないので何もわかりません。


d0224990_20110756.jpg
少し進むと、同じく歩道の下ですが、なんとなく「この下に用水路があるぞ!」という感じの舗装になります。暗渠区間が長いので本当に水が流れているのか少々不安に。

d0224990_20123078.jpg
暗渠区間が500メートル近く続きます。道なりですが。

d0224990_20134281.jpg
暗渠区間の途中で、横の田んぼの水路から水が流れ込みます。
地図から行くと「五反田堀」だと思います。大堀その1で辿った時は、大堀から五反田堀に水は分岐していませんでした。となると、この水は五反田堀ではないのか、他にも水が流れるルートがあるのか、よくわかりません。

d0224990_20163824.jpg
10メートルほど進むと、鉄板があります。
ここも大堀は暗渠の区間です。

地図から行くと「久保堀」と「切方堀」の分岐か、合流か、なにかです。無いかもしれません。

地下のことは本当によくわからないのです。


d0224990_20190750.jpg
暗渠区間は続きます。
ただの街並みの写真に。


d0224990_20200317.jpg
川崎街道沿いにある「篠崎生コン」の裏側で、久しぶりに水が現れます。
水が増えたのがよくわかります。


d0224990_20211534.jpg
また10メートルほどで暗渠に。
暗渠になってすぐ左側に分岐があります。


d0224990_20224184.jpg
左側も暗渠です。どこかへ消えてゆきます。
稲城市史にもこの堀の流路が書かれていないので、名前さえよくわかりません。
もしかしたらこれが「久保堀」?


d0224990_20240373.jpg
話は再び大堀に戻ります。
暗渠も10メートルほどで水が現れます。


d0224990_20250782.jpg
稲城大橋の連絡道路の手前でなにやら見覚えのある機械。
「除塵機」です。稼働はしていませんでした。
d0224990_20262458.jpg
稲城大橋の連絡道路の反対側で大堀は現れます。


←西・・・東→
d0224990_20342539.png
稲城大橋の連絡道路はこのようになっているので、お得意の逆サイフォンですかね?


d0224990_20324901.jpg
もちろん、掘割式の道路の上に橋のように水路はありません。


d0224990_20352488.jpg
現れます。


d0224990_20354774.jpg
住宅地や店舗の脇を流れていきます。


d0224990_20361712.jpg
水路脇で凄い水蒸気が!!!
学校給食の共同調理場のようですが、音も凄かったです。

d0224990_20372603.jpg
水蒸気が出ていた管の温水は垂れ流しです。大丈夫なのかな。



d0224990_20382919.jpg
稲城第一小学校の前で写真左から水が流れ込みます。
「切方堀」か「中堀」か、名前のない堀か、よくわかりません。

航空写真で見た感じでは、吉方公園のほうから流れてきています。

※左側の水路の橋(道路)で小学生が遊んでいたため、カメラは向けていません。あしからず。


d0224990_20430820.jpg
50メートルほど進むとまた分岐があります。写真正面が大堀、右側(手前)のほうが「中堀」でしょう。大堀側には水門があり、両方の流量を調整できる仕組みのようです。


d0224990_20445852.jpg
少し進むとまた暗渠になります。

ここから先は区画整理地内のため流路が全くわかりません。この辺りで「柳田彫堀」「下新田堀」「大和堀」が合流しているようです。
日が沈みかけた夕方にカメラをもったおっさんがウロウロ街を歩き回り、やっと見つけました↓

d0224990_20472599.jpg
どこを通っていたのかね。

家に帰ってGoogle Mapの航空写真を見たところ、写真は更新されていなくて古い流路が確認できました。ただし、その流路も現在は家が建っています。



d0224990_20490349.jpg
旧都道124号の下でまた分岐か!と思いましたが、わかれてはいない模様です。


d0224990_20500951.jpg
鶴川街道をくぐります。


今日はここまで。実はこの辺りで三沢川に流れて終わりかと思っていたのですが、神奈川県まで入るようです。


今度暇だったら、Google map で水の流れを線でなぞってみたいと思います。

また今度。

by yunomi-chawan | 2014-01-16 06:00 | 散策

1月14日 米タン [EF65 2139]
今年で3回目の米タン。撮影は今年初。

今回は初めて南多摩駅で狙いました。
でも、本当は初めてではありません。去年、撮影しようと旧地上ホームからの移動中に、目の前を行かれてしまうということがあり、撮影成功としては初めてです。

d0224990_19193150.jpg
臨8277レ EF65 2039+タキ1000(JP-8) 15:30 南多摩駅


またか!2139号機はよく会います。3回目かな。
今年もこんな感じで、米タン撮影ができればいいと思います。のんびりね。
by yunomi-chawan | 2014-01-15 18:00 | 米タン


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル