人気ブログランキング |



<   2013年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

碓氷峠と鉄道
だいぶ更新が遅れました。
予定していた碓氷峠と鉄道遺産について掲載します。

 碓氷峠は長野県軽井沢町と群馬県安中市の境に位置する峠です。碓氷峠は「うすい」と読みます。古くから交通の難所とされ、江戸の五街道の中山道もこの峠を通っていました。現在でも、国道18号、碓氷バイパス、関越自動車道、長野新幹線と多くの交通網が通っていて、大変重要な場所になっています。

 このように古くから現在までずっと険しい山でありながら、交通の要所としていた碓氷峠。これは明治以降の鉄道においても同じでした。信越本線、上野~横川、軽井沢~直江津が開通後、開通できていない横川~軽井沢(碓氷峠)は以後、馬車鉄道が敷設されましたが遅かったり、多くのものを運べなかったりと、早期の鉄道開通が望まれました。軽井沢~直江津開通のおよそ5年後、難工事の末、横川~軽井沢間が開通しました。

 当時は技術がなく、この碓氷峠の66.7‰(1000m進んで66.7m登る)を通常の車輪のみで登る(粘着運転という)には無理がありました。そのためレールとレールの間に歯車のようなものを設置しかみ合わせながら登る方法(アプト式)が採用されました。
(現在では箱根登山鉄道の80‰など、さらに急なこう配で粘着運転が実施されています。)

 その後、電化、複線化、アプト式の廃止及び粘着運転開始などをし活躍しました、

 当区間の信越本線は長野新幹線開通と同時に廃止され現在に至っています。


というわけで、4月1日。もうだいぶ前の話ですが、その鉄道の遺構を探そうと碓氷峠へ。
国道18号(旧道)で峠を下ります。
d0224990_17394422.jpg

ぐねぐねした国道のところどころで信越本線跡が現れます。
後に気がついたのですが、ここに行った4月1日はこの区間が開通した日で、ちょうど120周年でした。
d0224990_1745733.jpg

レール類は残っていました。
d0224990_17454761.jpg

信号機も残っていました。かなり錆びてしまっています。
d0224990_17463866.jpg

碓氷第6橋梁
アーチ径間 11.0メートル
高さ 17.4メートル
頂部長さ 51.9メートル
長さやレンガの使用量は碓氷峠で第3橋梁(ページ下に記載)に次ぐ規模。



d0224990_175068.jpg

碓氷第3橋梁
こちら有名な碓氷第3橋梁です。めがねばし という呼び方もありますね。
JR東日本のCMで吉永小百合さんがあるいていたりした場所です。
d0224990_17553680.jpg

現在は路盤は遊歩道として整備されています。現在(2013/4/23)のブログトップ写真はこの橋でもあります。
d0224990_17572828.jpg

トンネルも歩けます。しかし、夜は消灯されてしまい真っ暗だという警告の張り紙がありました。
もしかしたら出るかもしれませんね。←そんなことはない。
d0224990_17584258.jpg

d0224990_17594117.jpg


廃線とレンガに満喫できました。

廃線になる前に、この路線に乗られた方、深い思い出のある方などいらっしゃいましたら、是非お話をお聞きしたいですね。



あまり関係のない話ですが、新幹線を開通させたからといって、並行する在来線を第3セクターにしたり、廃止にすることには反対です。既に鹿児島県、青森県、長野県などの地域で第3セクターになっていますが、料金が高くなり、本数が減ったりと地域の人には不便になるだけではないでしょうか。
今度開通する北陸新幹線の長野~金沢の並行する在来線も第3セクターになるそうです。利益のある路線だけ保有し、利益のない路線を切り離すのはいかがなものでしょうか。たしかにJRの負担を考えるとやむを得ないのかもしれません。ですが、新幹線の建設費の一部の負担を迫られ、在来線も地元の責任となるのは納得できません。
by yunomi-chawan | 2013-04-23 18:07 | 鉄道

次は長沼駅ゲットです。
100周年記念入場券。次は京王線の長沼駅ゲットです。
d0224990_23263055.jpg

一の宮線記事で書きましたが、すこし長沼駅に用事があり、いって買わないわけにはいかず、購入してしまいました。こういうのに興味がない人には、お金の無駄遣いに見えるかもしれませんね。
d0224990_23262951.jpg

さてこれは、昔の硬券切符を模したもので、硬い厚紙でできています。私の世代と地域では、生まれたときから裏が黒い磁気の薄っぺらい切符でした。ICはなかった気がします。ですので、硬券は珍しく感じられます。大人の方には懐かしいと感じられる方もいらっしゃるのでしょう。
裏の表示によると、この記念入場券は実際に使えるようです。使う人いるのかな。とりあえず、通常の入場券と料金は一緒です。使用期限も年内です。もし、切れ込みを入れてもらえるのであれば、駅に入ってみても面白いですね。
by yunomi-chawan | 2013-04-21 15:00 | 鉄道

その時、一の宮線があった!
今日、少し用事があり京王線長沼駅へ。
調布駅からずっと各駅停車でいきました。電車のなかでは、周りの景色を見ることが特に好きで、じっと席に座っていられずいつもキョロキョロしてしまう自分。ちょうど東府中に電車が侵入したとき、ある架線柱に東電の「のぼるのはやめましょう看板」を見つけてしまいました。(こ・・・これはあの一の宮線かもしれない。)
ということで、長沼駅からの帰り、私は一の宮線を忘れてなかった・・・ことはなく、つまり忘れていたわけで、通常東府中を通過する特急に乗っていました。本当に最近は物忘れが(汗)しかし、今日は東京競馬の開催日。特急が東府中に臨時停車。すると、乗っていたドアの前にまたも「のぼるのはやめましょう看板」が現れ、記憶がよみがえります。(そういえば・・・!)閉まりかけたドアに駆け込み下車。危なかった。てか、迷惑。
d0224990_1654559.jpg

通常横向きの「のぼるのはやめましょう看板」が、縦向きです。さらに門型。(これは一の宮線だ!!!!)
d0224990_16553440.jpg

たしかに一の宮線でした。
いくつかのウェブサイトによると、一の宮線は22 kVの東電の送電線で、京王線(鉄道)が車返線と交差する辺りから、京王線の上を架線柱に付属する形で高幡不動駅付近の新高幡変電所まで繋がっていたそうです。現在は一の宮線は、ほとんどが架線柱上部にあった一の宮線の腕金類が撤去されていて、一部のプレート類が残っています。京王線には、稲田線、笹塚線など東電の送電線が門型鉄塔などとしてあったが、撤去されたものも多いようです。特に一の宮線は100を越える鉄塔類があったそうです。
d0224990_16573911.jpg

撤去された上部を撮影したつもりでしたが、よくよく調べてみると、ここは門型ではなく、架線柱につく腕金がある鉄塔だったようで、この写真の撮影した側のホームの屋根に隠れた部分にあったようです。こういうのは調べてからいくべきですね。
d0224990_1658484.jpg

とりあえずさっきの鉄塔から新宿側を撮影。中央の架線柱は、通常の架線柱のコンクリではなく、しっかりと組まれています。この上部に一の宮線があったのでしょう。プレート類はこれには一切ありませんでした。

ちょっと鉄塔を満喫し次に来た準特急で帰宅することにしました。こんどはサッカー開催のため味の素スタジアムに近い飛田給駅に臨時停車。今まで空気を運んでいたようなガラガラの車両が、通勤ラッシュ並みの押し込み。車内はサッカーの話で盛り上がっていました。

最近は門型や22 kVが数を減らしています。稲田線があった架線柱も撤去が進んでいました。都内で鉄柱の22 kV路線として有名な日活線も危ないのかな。更なる高圧化が進む日本の電力事情。22 kVはさらに珍しい存在になるのかもしれません。
by yunomi-chawan | 2013-04-20 17:00 | 鉄塔のある風景

京王線 電車開業100周年記念入場券
d0224990_16411449.jpg

京王線が一昨日に1913年(大正2年)4月15日に開業し、今年で100年になることから、京王電鉄では4月14日から全駅で1000枚限定の記念入場券の発売を開始しました。

ということで、もう3日が経っていますが、売れ残りはないかということで、京王線の駅に直撃!

京王稲田堤駅と若葉台駅を狙いました。

「すみませーん。100周年記念入場券って余ってたり・・・」
「あ、ありますよ。」

と、売り切れなし。ちなみに新宿駅などは売り切れてしまっているそうです。




記念入場券について詳しくはこちら。
http://www.google.co.jp/url?q=http://www.keio.co.jp/news/backnumber/news_release2013/nr130409_100thticket.pdf&sa=U&ei=7k5uUcuMFZGMlQXtoICoDw&ved=0CBEQFjAA&sig2=gu4Q61h9WsyGmT89G8kj3g&usg=AFQjCNHu8jXeCwV7m9dZPtVamdxpwa2SrQ
(リンク切れの際はお知らせください)
by yunomi-chawan | 2013-04-18 00:26 | 鉄道

草津温泉
予定通り、今日は草津温泉について取り上げます。

前回の記事で、草津に行く途中で立ち寄った八ッ場ダムについて書きました。八ッ場ダムのすぐそばにある川原湯温泉に泊まった・・・のではなくて、草津温泉に泊まりました。

d0224990_1938249.jpg


湯畑。バライティ番組や紀行番組でよくでます。
カメラを向けると曇り・・・カメラを向けないと曇りがとれる・・・
なんかいい写真が撮れませんでした。

d0224990_19395952.jpg

他にも西の河原公園にある露天風呂なんかにも行きました。
本当に体が軽くなったように感じました。いい場所ですよ。

d0224990_194153.jpg

どうでもいいことに移ります。
一方通行の補助標識の数字が細かいです。
東京では結構キリがいい数字だったりします。5メートルとか10メートルとか・・・。


いい温泉街でした。
by yunomi-chawan | 2013-04-16 19:42 | 散策

八ッ場ダムと川原湯温泉
こんばんは。2日ぶりの投稿となります。
これからは、ネタはあるのに投稿できないという日があると思います。ご理解のほどよろしくお願いします。
ネタがなくなったらもうおしまいです。ネタ探しの旅に出かけます。


さて、先月の末に群馬県の草津温泉に行ってきました。草津温泉は行きたい温泉1位とかにもなっていたりと、全国的にも有名な温泉街です。
群馬県の草津温泉までは、関越自動車道渋川伊香保インターから、ずっと一般道(国道)です。ほとんどがJR吾妻線と並走しており、吾妻川とも並走しております。途中、きれいな渓谷があったりと、走っていても面白みのある国道です。
その中でも、今一番有名になってしまったのが「八ッ場ダム」です。民主党の政権公約で建設の中止を掲げられてから、いままででさまざまことがありました。もう既に、ダムに水没する国道のバイパス路線、JR吾妻線のバイパス線路など、工事もかなり進んでいます。
国道を通っていると、もうバイパスに流れるように作ってあり、水没する旧道は分岐する形になっているので、通り過ぎてしまいがちですが、私はこの先いつここに来るかわからないので、ダムが造られ水没するなら、一度でいいから水没する前の景色を見たい思いで、立ち寄りました。

d0224990_19225892.jpg

国道を走っていると突如現れる人工物。八ッ場ダムです。
これがダムの席留める部分と思われている方もいるようですが、これはダムに架かる橋です。
ニュースで見る景色と変わりません。

d0224990_1926233.jpg

そのダムにかかる予定の橋の下流側にきれいな渓谷があったので停車します。

少し緑がかった川とJR吾妻線の車両です。この橋もいずれ水没します。

d0224990_195588.jpg

一つ上の写真を撮影した場所を、まわれ右すると謎の建造物がありました。
新しいが、途中で工事が終わっているようなもの・・・
よくよく調べてみると、これがダム本体だそうです。

d0224990_19571874.jpg

JR吾妻線の川原湯温泉駅です。
雨が降ってきたので残念ながら通過します。

d0224990_19583414.jpg

こちらは水没する、川原湯温泉です。
何かイイ感じがします。人気は少ないですが、しっかりとした温泉街となっていました。

d0224990_19594377.jpg

足湯もあったのでしていきます。
入った後に足がつるつるして気持ちがよかったです。温泉卵を作っている人もいました。

d0224990_2003237.jpg

先ほどの上流側の橋です。ここも沈んでしまうのですね。


d0224990_2021470.jpg

もう一度、あの橋を。


私の立場で建設賛成か反対かは語れませんが、何かがなくなることには残念な思いがします。



☐参考サイト☐
八ッ場ダム工事事務所
http://www.ktr.mlit.go.jp/yanba/

八ッ場ダム- Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E3%83%83%E5%A0%B4%E3%83%80%E3%83%A0
リンクミス 閲覧不可
by yunomi-chawan | 2013-04-15 20:09 | 散策

丸ポスト 特集
d0224990_21234677.jpg

群馬県、川原湯温泉


d0224990_2125445.jpg

群馬県、六合(くに)郵便局


d0224990_2126815.jpg

長野県、旧軽井沢


という感じで風情のある丸ポスト。
田舎に行くとむしろこれの数が多かったりします。東京都の小平市も多いという噂をきいたので、是非行ってみたいです。
ちなみに、東京町田にもありますよ。
by yunomi-chawan | 2013-04-12 15:00 | 散策

鉄塔 三菱北加瀬線
三菱北加瀬線を調査します。

三菱北加瀬線(みつびしきたかせ)は住吉線3号から分岐し、北の原変電所までの22kVの送電線です。

三菱へ受電しているのかと思いましたが、東電の変電所に電気は流れています。その変電所から、近くにある三菱ふそうへ電気が流れているのでしょうか。ただ、三菱ふそうが22kVで足りるとは思えません。

北加瀬は「かぜ」ではなく「かせ」です。私は途中の電柱で「きたかせ」と書いてあるのを見つけるまで、この路線が「きたかぜ」だと思い込んでいました。

京南変電所の市場線(鉄塔は小倉線)から地下へ分岐する「加瀬線」は、地名からするとこの辺りに来ているのでしょう。

2013/8/3追記
神奈川県道14号線南加瀬交差点角に加瀬変電所があるのを地図で見つけました。加瀬線はここに繋がっている可能性が高いです。三菱北加瀬線から南へいった場所です。

地図

DATA

区間     : 住吉線3号~北の原変電所
推定電圧   : 22kV
回線数    : 2
導体数    : 2
架空地線数 : 1 (途中からなくなる)
所要時間   : 30分(管理人が徒歩で要した時間)



    1号 不明
    2号 昭和54年12月建設 高さ36メートル
    3号 不明
    4号 不明
    5号 遠すぎ、カメラの限界
    6号 不明
    7号 不明
    8号 昭和40年4月建設 高さ28メートル
    9号 不明
   10号 不明


ここをクリックすると続きを読むことができます
by yunomi-chawan | 2013-04-11 21:05 | 鉄塔のある風景

鉄塔 住吉線
住吉線を調査します。
昨日の綱島変電所から三菱北加瀬線(後日掲載)を調査するため、綱吉駅から元住吉駅まで行きました。元住吉駅から三菱北加瀬線までの間に、住吉線という22kVの路線を見つけたので今日掲載します。ただ、3号と4号しか見つけられませんでした。
この住吉線は、鉄塔見聞録によると、現在の4号は12号。3号は11号だったようです。以前は、武蔵小杉駅前の中原変電所(現在は廃止?移設?)から門型で途中まで来て地下に潜り、元住吉駅付近の10号(現在はない)で立ち上がり、現4号(旧12号)で地下に潜り東急の変電所までつながっていたようです。
その鉄塔の一部も、東横線の高架化によって消滅したようで、現在は4号(旧12号)と、建て替えし地下分岐型となった3号(旧11号)が残っています。1号2号は現在も残っているのかもしれませんが、全く情報がありません。
現3号の地下分岐は消滅した住吉線の路線を踏襲していると思われますが、これもわかりません。中原変電所の行方も分からないです。
私にはこれ以上のことはわからないため、検索していただきたいです。

地図

DATA

区間     : ?~東急元住吉
推定電圧   : 22kV
回線数    : 2
導体数    : 1
架空地線数 : 1
所要時間   : 10分(管理人が徒歩で要した時間)



    3号 平成13年5月建設 高さ38メートル
    4号 昭和45年3月建設 高さ19メートル


ここをクリックすると続きを読むことができます
by yunomi-chawan | 2013-04-10 06:00 | 鉄塔のある風景

鉄塔 横浜火力東線7・8L
横浜火力東線7・8Lを調査します。
横浜火力東線7・8Lは横浜大黒から地下ケーブルで鶴見川の右岸まで来て立ち上がり、川を渡って綱島変電所まで行く送電線です。詳細は横浜火力東線5・6Lでかいたので、そちらを参照していただきたいです。



地図

DATA

区間     : 横浜大黒~綱島変電所
推定電圧   : 154kV
回線数    : 2
導体数    : 1
架空地線数 : 2
所要時間   : 12分(管理人が自転車で要した時間))



    1号 わからない
    2号 昭和43年5月建設 高さ31メートル


ここをクリックすると続きを読むことができます
by yunomi-chawan | 2013-04-09 06:00 | 鉄塔のある風景


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル