人気ブログランキング |



カテゴリ:社会( 55 )

バスを撮ってみた
バスを撮ってみました
立川バスと西武バスです。特にあてもなく、駅前でぼーっと撮影。適当に貼っていきます。
LEDがひどいことになってます。
d0224990_23552784.jpg

立川バス J778 立23 村山団地



d0224990_23553648.jpg

立川バス H963 立80 拝島営業所


d0224990_23565838.jpg

西武バス A5-84 立37 イオンモール


d0224990_00034844.jpg

立川バス J655 立53 北町


d0224990_00065415.jpg

立川バス H755 立18-1 玉川上水駅南口



d0224990_16040429.jpg
立川バス H755 立80 拝島営業所



d0224990_16050009.jpg
西武バス A4-8 立32 幸町団地


d0224990_16054099.jpg
西武バス A2-678 立34 久米川駅



d0224990_16063452.jpg
立川バス H966 立16-3 大山団地



d0224990_16071704.jpg
京王電鉄バス S013 立65 高幡不動駅



d0224990_16075743.jpg
立川バス J771 立23 村山団地



d0224990_16083988.jpg
立川バス M985 立11‐2 村山市民会館



d0224990_16093276.jpg
西武バス A0-458 立51 けやき台団地



d0224990_16103102.jpg
立川バス H754 立80 拝島営業所



d0224990_16120766.jpg
西武バス A4-697



d0224990_16134171.jpg
立川バス J354 立53 北町


25分ちょっとでした。たくさん来て面白かったですね。



by yunomi-chawan | 2014-08-09 00:00 | 社会

横田基地にオスプレイ来る
19日、東京の米軍横田基地にオスプレイが来るということで見に行ってきました。


9:20頃、横田基地の南側の拝島に到着したのですが、オスプレイ到着が9:15頃だったということで、ギリギリ逃してしまいました。

個人的には11:00頃にオスプレイ来るかなぁと思っていたんですけどね。


とりあえず、離陸を撮ることにします。


無風でかつオスプレイは札幌へ向かうということで、鈍い勘を働かせて横田基地の北側へ向かいました。


d0224990_14285186.jpg


既に航空ファンとマスコミが終結。
航空ファンもマスコミもいつどっちにむけて飛び立つかわからない状態で、お互いコミュニケーションしながら、基地の中を眺めていました。


d0224990_14172078.jpg

見えるのはC17輸送機(航空ファンに教えていただいた)。オスプレイは見えません。違うゲートからなら見えたという話です。なにせ横田基地は広いので。


d0224990_14183709.jpg

デモ隊
d0224990_14190245.jpg

…を撮るマスコミ


1時間半が経過して、皆さん諦めムード。
風もさっきまで無風だったのに、南風に変わってきました。たいてい風に向かって飛び立つので、これは北側には来ないだろうというムードに。



d0224990_14203456.jpg

11:43
プロペラが回り始めたという情報がネットで流れ始めます。写真では確認できませんが、双眼鏡ではうっすらと揺らいでるのが確認できました。



そして、
d0224990_14220295.jpg

11:51
1機目が離陸。基地の南へ向けて飛び立ちました。1機目はピントが合わず撃沈。


d0224990_14240085.jpg

2機目。
トリミング済み。
なんとかピントは合わせることができましたが、なにせ、遠いのでうまく決まりません。
d0224990_14250837.jpg

あっという間に雲の中に隠れ、見えなくなってしまいました。


音も気になるほどではなく、というよりしずかでした。こんご、全面的な配備がなされることになるとは思いますが、無事故で活躍してくれるといいですね。

by yunomi-chawan | 2014-07-19 14:30 | 社会

[レビュー] Android対応カードリーダーを買ってみた
このブログでは初めてのレビューなるものを書いてみようと思います。


d0224990_15105134.jpg

今回購入したのは、「サンワサプライ」の「ADR-GSDUBK」です。
簡単に説明すれば、Android対応のカードリーダーです。
USBホストに対応したAndroid機器なら使えるそうです。ちなみにSONYの最近のXPERIA系なら使えます。


d0224990_15422229.jpg

同梱されてるのは、本体、説明書、給電用USBケーブル、延長USBケーブルです。

給電用USBケーブルは、HDDなど接続したときのカードリーダーの電力不足解消のために使用します。延長USBケーブルは本体の接続部につけて長くして使用します。

d0224990_1646378.jpg

端子はこんな感じ。
SDカードをはじめ、最低限のものが揃ってます。一眼レフの人からはコンパクトフラッシュが欲しいところかもしれませんね。


それでは、XPERIAにもとから入ってるファイルコマンダーで動作を確かめて見たいと思います。
d0224990_1657784.jpg

d0224990_1659043.jpg

USBメモリーを接続すると「外部USBストレージ」と表示されました。
d0224990_1782683.jpg

ファイルコマンダー上では通常通り扱えました。
画像表示アプリにはUSBの場合は表示されませんでしたが、SDカードの場合には表示されました。
画像はもちろん、エクセルやワードなどの文書も読み込めます。


d0224990_17225321.jpg

では、やってみたかったこと。
マウスを接続してみます。


※なぜ膝の上に乗せているかは指摘してはならない。



d0224990_1739469.jpg

カーソルが表示されました。 操作には支障はありませんが、タッチを前提とした機器ですので、当たり前ですが使いにくいです。

機器によってはキーボードなども接続できるようです。

試してみたいことは、ペンタブが使えるかどうかです。まぁ、使ってどうするとかいうのはなにも考えてないのですが、使えたらハッピーになれそうな気がします。


これがあることで、SDカードの写真をパソコンを経由せずにスマホに入れて、ブログが更新できそうですね。
by yunomi-chawan | 2014-05-17 00:00 | 社会

多摩都市計画道路3・4・17号線
多摩都市計画道路3・4・17号 坂浜平尾線の西の端「若葉台入口」交差点に大きな看板が掲げられていました。
d0224990_17205233.jpg

この都市計画道路は、
都道19号線の鶴川街道と、同じく都道19号線の支線との交差点である「若葉台入口」と、
平尾団地の北側にある「下平尾バス停」付近
を結ぶ道路です。

d0224990_17231045.jpg

東の端である下平尾バス停から東は、何年も前に完成しており、「平尾中央通り」として交通量がそこそこある道となっております。


今回工事する区間の東側の大半が、組合施工の上平尾土地区画整理事業、小田良土地区画整理事業の範囲内となっており、その範囲の部分は区画整理とともに整備されます。
西側部分は東京都が施工主となり整備されます。

今回、看板が設置されたのも都が施工する区間のみの説明書きとなっていました。



d0224990_17294225.jpg

この都市計画道路は、上平尾土地区画整理事業の範囲内で、 多摩都市計画道路3・4・36号小田良上平尾線と交差する計画です。
このことについては上平尾土地区画整理事業の記事にすでに書きました。



d0224990_17325428.jpg

用地の取得を含めると平成24年から事業がスタートしています。この区間は大半が荒れ地か山地なので都市部に比べると比較的早く着工するように見えます。


d0224990_1735286.jpg

工事の目的は、生活道路への自動車の流入防止、交通の円滑化で、工事に合わせて電線等も地中化されます。

目的にもあるように、この付近には大きな道が少ないため、センターラインのない学園通りなどに車が流入しているのが現状です。
d0224990_17432932.jpg

上:学園通り



d0224990_17444880.jpg

東の端「若葉台入口」からみた計画線上です。
住宅はほとんどありません。
この先で京王相模原線をくぐることになります。



d0224990_17472076.jpg

大きな視野で見ると、東名高速道路と中央自動車道がつながることになりそうです。
また、交通の要衝でもある鶴川街道と津久井道(世田谷通り)がつながり、稲城市なのに北側地区とは離れていた平尾地区との接続が果たされるのではないでしょうか。
長い話ですが、この道の開通でバス運行路線に新たな動きがありそうですね。(新百合ヶ丘~平尾団地~若葉台駅)など。

ただし、この道の東側、新百合ヶ丘付近では麻生警察署前交差点を主として、激しい渋滞が続いています。日曜日などは500メートルほどのところを30分なんてこともあります。
これを解消しなければ、よい効果は生めないのではないでしょうか?


また、若葉台入口付近の鶴川街道も用地取得は進んでいますが、拡幅が望まれます。
by yunomi-chawan | 2014-05-14 00:00 | 社会

増税で神奈中のLCD運賃表も複数表示に
先月頃から神奈川中央交通(神奈中)バスで、LCDによる運賃表が導入されていることは既に書きました。こちらです。

想像はしていましたが、これは増税によって現金とICによる二重運賃になるためでした。


従来の運賃はこちら。運賃表示は1マスにつき1つの表示でした。



d0224990_20215731.jpg
そして導入されたのがこちら。液晶画面による表示となりました。
運賃のマスの大きさはマスの量によって変わります。
また、この先のバス停も表示されるようになりました。アルファベット表示やひらがな表示にも対応しています。
このことの詳しいことは以前の記事をご覧ください。



こちらは未掲載なので載せておきます。
d0224990_20241535.jpg
このような注意喚起表示、下の黒い部分には鉄道への乗り換え案内などが表示されました。
d0224990_20240883.jpg
このような表示もあります。
d0224990_20235926.jpg
始発バス停ではこのような表示もありました。






増税後
消費増税をしたあとは、・・・
d0224990_20281821.jpg
このように、二重運賃に対応しました。
d0224990_20282468.jpg
ひらがなにも対応しています。

d0224990_20284995.jpg
アルファベット表記は、すべて大文字となりました。
いままで「入谷戸」が「Iri-yato」となっていましたが「IRIYATO」となりました。

「下谷戸」は「Shimoyato」なのに、「入谷戸」は「Iri-yato」なのはおかしいなぁと思っていましたが、解決しましたね。たぶん、他にもこういう事例があったのではないかな・・・と想像しています。バス停の読みは複雑ですから。




再現しました。左側の枠の付け方がミスりました。
d0224990_20311386.png
d0224990_20311570.png
d0224990_20312088.png
注意喚起表示などの変更は見られませんでした。



また、ちびっこ50円のキャンペーンのテロップも追加されました。



わざわざ、増税のためにLCDを導入したのはすごいな・・・という感じですね。




by yunomi-chawan | 2014-04-02 00:00 | 社会

神奈中バスにLCD運賃表導入開始!?
2月に入り、神奈中バス町田営業所管内のバスで、運賃表のLCD化を確認しています。
一昨日は全国的にも流通しているLED式を多く見ましたが、昨日は往路で、今日は往復ともにLCD化されたバスに乗車しました。絶賛増殖中のようです。
d0224990_16240942.jpg
こんなかんじ。一言でいえば見やすいです。電車のようですよね。
d0224990_16263249.jpg
直前直後の横断を注意する表示や・・・


d0224990_16262622.jpg
次止まります表示も。


表示順は
漢字→アルファベット→ひらがな→漢字
直前直後横断はすべてのバス停では表示されません。
次止まりますはボタンが押された直後に表示され、その後はちょくちょく挟んできます。




以下再現してみました。
d0224990_16260725.png
d0224990_16260979.png
d0224990_16260651.png
d0224990_16261234.png
d0224990_16261491.png
いいフォントがなかったのと、色の再現が微妙です。
運賃表が表示される画面の一番下の黒い場所には「〇〇駅をご利用の方はこちらが便利です。」といった表示がされていました。

小児運賃切り上げの左上の表示は、ずっと漢字表記でした。


神奈中では「かなch.」というニュース・広告・コラムのような映像を流すシステムを一部バスで実施しています。かなch.は運転士後ろのしきりに画面を設置しています。
また、12月からau Wi-Fi SPOT とWi2 300による公衆無線LANのサービスが開始しています。

ますます車内環境の向上がみられる神奈中。




増税後の状況はこちらを見てください。
 

by yunomi-chawan | 2014-02-08 16:37 | 社会

続々と消えています
去年5月の記事で「都内の交差点の自転車通行帯を廃止する」という記事を書きました。覚えていらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、先日、自転車で立川の方に行った際、都内の大きな道を中心に撤去が進んでいました。


5月の記事
5月の記事でも書きましたが、そもそもこの撤去はなぜ行うのか。
おもな理由は自転車の巻き込み防止にあります。
自転車が車道を走行する際、自転車通行帯のある交差点では自転車は通行帯を走行しなくてはならず、若干左にずれて走行することになります。すると、左折をする自動車との巻き込みの恐れがあったのです。
d0224990_18354575.gif
この自転車通行帯を撤去すれば、自転車そのまま直進することができるということです。
(この画像は合成)


d0224990_18545525.jpg
d0224990_18544458.jpg
上は鎌倉街道、下は日野バイパスです。
今回確認できたのは主要地方道(都道)と国道です。幹線道路から順に行っている模様です。
一番上のGIFアニメの場所も水道管工事と同時に撤去が行われていました。


今後、都内から消えることになる自転車通行帯。都内からは珍しい存在となるのでしょうか。
by yunomi-chawan | 2013-11-11 19:03 | 社会

南山東部土地区画整理事業のいま
 今まで、稲城市の区画整理事業のうち「小田良地区土地区画整理事業」と「上平尾地区土地区画整理事業」を紹介してきましたが、今回は稲城市内の区画整理事業の中でも最大規模の区画整理事業を紹介します。
 その名も「南山東部区画整理事業」です。京王相模原線の稲城駅の南側を約87ヘクタールにわたって、組合によって開発されるものです。東京ドームで言うと18個分程度でしょうか。

d0224990_1939386.png

 上の図は、稲城市内の区画整理事業が事業中の場所を示したものです。紫色のところがそこです。図の中央が南山東部土地区画整理事業です。

d0224990_1946533.png

拡大図です。


d0224990_1947119.jpg

駅から南側へ歩いていきます。

 区画整理の場所は多摩丘陵の自然が残る場所でした。
 土地のほとんどが私有地であり、昭和33年の狩野川台風で斜面が崩落りたり、高度経済成長期の土の埋め戻しや砂利の最終などで大きな崖が露出。危険な状態が続いたりし、土地の所有者にたいして改善が求めらていました。また、地権者にとっては相続税も大きな負担となり、スプロール化も懸念されていました。
 こうしたことから昭和45年に都市計画法の市街化区域及び市街化調整区に指定されました。このことで地権者の負担も増え、地権者の組合により区画整理事業がおこなわれることになりました。


d0224990_19543372.jpg

区画整理事業の入口まで10分程度で到着します。

 区画整理事業がおこなわれることになったものの、豊富な自然が残るこの土地に対して、計画の反対をするものもあらわれます。このことは市長選にまで影響され、メディアでも大々的に取り上げられたこともあり、現在でも反対活動が行われています。


d0224990_19571381.jpg

区画整理の工事が行われています。一般人の立ち入りは禁止されています。
工事がおこなわれる寸前にここに来た記憶があります。当時、ここには少年サッカー場があって、サッカーをした記憶があります。サッカー場は区画整理事業地内にあり、現在は跡かたもありません。ここを本拠地としていた少年サッカーチームは場所を移したようです。

d0224990_2033410.jpg

別の入口にも行ってみます。
水道工事が行われていました。

写真左の誘導員ですが「入りますか!」って案内してくださいました。まぁ、入る予定ではなかったのでお断りしたのですが、写真を撮りたいと言うと「どうぞどうぞ!」とこの格好です。フレームから抜けてからシャッターを押せばよかったですね。ありがとうございました。


d0224990_2063711.jpg

もう一か所別の場所にも行ってみます。
ここは区画整理が完了していて、分譲もされています。入ることができました。
写真の道路の縁石の色が変わっている場所から区画整理内です。

私が住む場所も、昔区画整理が行われていた場所で、工事の前の状況を知るようなものは写真しかありません。しかし、その写真も図書館に行ってもなく、昔の状況を知る手がかりが少ないのです。だから、これから何年か後、今日撮った写真が貴重になるのではないかなぁと、バシバシ写真を撮ります。

d0224990_20122592.png

今回は入れた場所。赤く示した部分。


d0224990_20103739.jpg

まぁ、空が広いこと。
右側の写真は老人ホームです。なぜか消防車が停まっています。

d0224990_20114972.jpg

そのうち手前にも家が経つのでしょう。

d0224990_20131925.jpg

ここがサッカー場があった場所です。
ここには中高層建築物が予定されています。

d0224990_20141050.jpg

サッカー場の北側には野球場がありました。それもなくなっています。
駅から近く、サッカー場や野球場のように整地されている場所から開発されたようです。


d0224990_20152733.jpg

東側を望む。
見えている先が今回入れた先端です。

d0224990_20163010.jpg

ココが先端。


d0224990_20171296.jpg

先端から逆方向をみる。
まぁ、本当に空が広い。


d0224990_2020582.jpg

パノラマ(拡大できます)


d0224990_2022970.jpg

d0224990_20223011.jpg

d0224990_20225146.jpg

d0224990_20232876.jpg

一番北側の分譲。
ここからの景色は・・・
d0224990_20241272.jpg

凄いですよ。
東京スカイツリー、新宿副都心のビル群が望めます。入間基地での訓練の時、訓練の煙も見えました。
d0224990_20252264.jpg

よみうりランドの絶叫も・・・聞こえるかな?
d0224990_2026519.jpg

謎の鉄塔工事も見えました。
d0224990_20263558.jpg

再び南側を見て・・・
空が広い。
d0224990_20271434.jpg

夕焼けも・・・。


良い街になるんだろうなぁと感じました。
区画整理が完成したのもほんの少し。今後どうなるのか、こちらも気にしていきたいと思います。



当ブログ:関係する記事
小田良土地区画整理事業と上平尾土地区画整理事業
鉄塔 西北線 2回目 と 小田良地区・上平尾地区区画整理事業

お役立ちリンク
稲城市 土地区画整理事業
稲城市 南山東部地区
by yunomi-chawan | 2013-11-04 20:30 | 社会

蛍光灯からLEDへ
自宅の蛍光灯が、点灯後5分ほどチカチカしていて鬱陶しかったので、蛍光管を交換しました。
古い蛍光管は10年以上使っていました。
NationalからPanasonicへ蛍光管を交換。歴史を感じますね。




しかし、チカチカは直らず・・・。それどころか症状は悪化しました。

点灯管の故障も考えましたが、点灯管を使用しないタイプの蛍光灯だったのでとりあえず電気量販店へ行き、店員さんに訊いて見ることにしました。
店員さんによると「点灯管でなければ本体の故障しか考えられない。10年以上使われているのならメーカーさんの保証期限もすぎていて、部品保管も終了している可能性があるので、最近普及してきたLEDが長寿命なのでそちらをお勧めする。」とのことでした。


とりあえずLEDを検討へ。
初めは、「お高いLEDを勧めてるのかなぁ」なんて思っていたのですが、実際は蛍光灯の器具とLEDはあまり価格は変わらないことに驚きました。また、おいてある商品も蛍光灯は少数派になっていました。ここまでLEDが普及してるとは思わなかった・・・。


LEDはきめ細かい光度調節ができたりしていて高性能で、長持ち、価格も変わらないなら・・・ということで、お勧めされたLEDを購入しました。

東芝さんのLEDです。

d0224990_20132184.jpg

d0224990_20184649.jpg

その光度調節。今までの蛍光灯ですと、商品にも寄りけりですが、丸い内側だけが光ったりする2段階だったりしましたよね。中には蛍光灯自体の光度を調節できるものもあるようですが、このLEDは20段階。実際、そこまで使うかは疑問ですけどね。LEDパワー発揮です。
写真は上が10%の光度、下が100パーセントの光度で、10%に露出を合わせています。10%と100%はかなり違います。

個人的に「LED=若干暗い」という印象もあったのですが、想像とは反対に明るいです。37W。ちらつきも感じられません。100パーセントの光度を直接目で見るとしばらく残像が残ります。気をつけましょう。


d0224990_20253025.jpg

当たり前ですが、カバーをつけて使います ^ ^

d0224990_20261412.jpg

常夜灯もLED。6段階調光です。
おやすみタイマーも付いていて、タイマーは時間が経つごとに暗くなる仕組みです。




d0224990_2028133.jpg

さて、使わなくなった蛍光灯タイプの照明器具は・・・
分解です。
照明ごときでこんなになっていたとは。

d0224990_20284937.jpg

蛍光灯を支えてきたモノ。
「蛍光灯って何?」って言われる時代が来るのでしょうか?

d0224990_20323472.jpg

ヒューズ。
うん、書いてあるから。

d0224990_20331887.jpg

いろいろな部品がありますね。どうもこういう部品を眺めるのが好きですね。
各部品についてはよくわからないので語りません。


d0224990_20355221.jpg

母のお気に入り。
「かわいい」とのこと。

d0224990_20371850.jpg

カラフルですね。
もっと機器に詳しくなれば、もっと楽しいでしょうね。


d0224990_20374273.jpg

こちらは蛍光灯のヒモのスイッチ。
最近の照明はヒモではなくリモコンです。


d0224990_20384546.jpg

ガスタンク(命名:母)


d0224990_20394051.jpg

コーヒーマシン・・・みたいな・・・。


d0224990_20445816.jpg

お役御免の常夜灯。ほとんど使わなかったなぁ。


d0224990_20422240.jpg

裏面も美しかった。


d0224990_20442410.jpg



d0224990_2056394.jpg

裏面に押されたハンコ。
95年10月27日に坂本さんが押したんですね。点検か何かでしょうか。この日に製造ってことですかね?
ん?ちょっと待てよ?
今日は「13年10月27日」。
ちょうど18年です!!!
造られてからちょうど18年。この器具もさようなら。長持ちしました。

上では「10年以上」とボカした表現にしましたが、母によると蛍光灯も実はこれと同時に購入したものらしく、長持ちしました。



とあるサイトによると「照明器具はたとえ美しくても、内部の安定器などが劣化していることもある」とのことなので、チカチカもこれが原因だったのでしょうか?上の基盤のどれが安定器なのか気になるところ。器具の中心部の円盤がそれだったのかな?

また、「照明器具の寿命は10年~15年だが、1500h/年の使用などではそれ以上のこともある。」らしい。1500時間/年≒4時間/日。最近はよく使うようになったが、それまではこれぐらいの使用時間だったから、いいだけ使ったんだぁ。

一般に蛍光灯の寿命は6000時間らしい。これについては長持ちした部類じゃないかな。ってまだつく状態でのお役御免だけど。


LEDの寿命は40000時間ともいわれているので、蛍光灯が18年持ったなら、LEDは120年もつ計算になりますよ。あくまでも計算上の問題。


いままでの蛍光灯と違うのはLEDだけの交換はできないこと。交換の際は本体ごとになります。



LEDの凄さに驚いた1日でした。
新規購入したのに使われなかった蛍光管は棚にしまわれましたとさ。


※上記の記述は機種により異なりますのでご注意ください。

(´-`).。oO(ネタがないときに意味不明な無駄記事が増えるのが当ブログです。)
by yunomi-chawan | 2013-10-27 21:15 | 社会

一日乗車券 ほぼバスだけの旅 その5
秦野駅 → ヤビツ峠 → 秦野駅


さぁ、今回の旅はこれで終了。今回のメインの一つであるヤビツ峠便です。

 ヤビツ峠は丹沢にある峠。秦野と宮ヶ瀬の境にあります。この峠の便は平日2本、休日数本です。休日の方が本数が多いのですが、その理由は丹沢の山々に登山する方のためです。登山の時期になると、臨時便を出すまでになります。途中の蓑毛というバス停までは、本数も多いのですが、そこから先ヤビツ峠までは先ほどの本数です。

 今回ここに行ったときは平日。たまたま学校がなかった日です。私が乗った便(午後一本)では、秦野駅から自分を含め3人が乗りましたが、蓑毛(ミノゲ)の少し手前の名古木(ナガヌキ)で2人が降りてしまい、途中から自分ひとりでヤビツ峠まで向かいました。

 この便では写真をたくさん撮ったので、どんどん載せますよ!


===

d0224990_20522645.jpg

秦野駅でバスを待ちます。バス停にこのような並び方を指示する張り紙があり、その通り並んでいたのに、蓑毛行きの客も含め他の客は皆青い字の方に並び、自分は場違いな感じ。ご当地ルールが多いのがバスです。

d0224990_2054877.jpg

このバスがヤビツ峠行きになります。小型のバスです。年式も古め。

d0224990_20545020.jpg

いよいよ発車。

d0224990_20553792.jpg

蓑毛までの道はこんな感じ。道幅はまあまあです。勾配がすごいでしょ。

d0224990_20564016.jpg

蓑毛を過ぎてすぐはこんな感じ。センターラインもあります。

が・・・
d0224990_20572246.jpg

うおっ!一人で興奮します。

d0224990_20575348.jpg

すれ違い不可能。
車などとはほとんどすれ違いませんでしたが、自転車が多かったです。一時期、この自転車が危ないとNHKでも特集されたようです。

d0224990_20591930.jpg

峠までの途中での光景。下が秦野で奥が相模湾。

d0224990_2101210.jpg

数十分で、終点ヤビツ峠に到着。

運転手さんも大変です。

「終点、ヤビツ峠です。ありがとうございました。」
と、運転手さんがおっしゃったあと、運転手さんは
「ねぇ。一人で来たの?」
と、平日に一人で来た私に興味津々。

「えぇ、町田からほぼバスだけできました。」

行ったんバスを降りた後、バス停の前で運転手さんと立ち話。
この峠は何もないですからね。トイレとやっているのかわからない売店のみ。
40分後の折り返しのバスまで、運転手さんと会話をしたり、付近をうろうろしたり。やることがないのです。

d0224990_2143217.jpg

下より少しひんやりします。
標高は761メートル。神奈中系列最高地点です。

d0224990_2171712.jpg

バス停の文字が大きい。

運転手さんのお話によると、やはり自転車が多く危険であるそうな。多客時は臨時便を出すこともあるそうですが、そうでないときは誰も乗らないこともあるそうです。

d0224990_2194924.jpg

さぁ、折り返しの便で峠を降ります。

d0224990_21103780.jpg

蓑毛で5分ほど時間調整。その間、少しだけ周囲を散策させてもらうことにしました。

d0224990_2111361.jpg

歌川広重の江戸名所百景の四ツ谷内藤新宿風の写真。
「神奈中名所百景 秦野蓑毛」と名付けよう。

そして、発車。

d0224990_21143138.jpg

秦野駅に到着。
運転手さん、ありがとうございました。

また来てみたいな。



その後は電車で最寄駅まで行き、バスで自宅に帰還。


秦21 ヤビツ峠行き 秦野駅行き
秦野駅 ←→ ヤビツ峠 460円  ヤビツ峠行き13.79km  秦野駅行き14.04km
は0103 三菱KK-MK23HJ



最寄駅 → 最寄りバス停
ま148 三菱KL-MP37JK


ちなみに小田急の秦野駅にすごい速度規制があるのですが・・・
d0224990_21161511.jpg

大きな字『15』は速度、小さな字の『50』は距離を示します。
50メートルの間は速度を15km/hに規制することを示しています。遅すぎます。
Wikiによると、ここは逆カントらしくこのような遅い制限になっています。

バス旅終り。
by yunomi-chawan | 2013-06-13 07:00 | 社会


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル