水害対策の三沢川分水路
今回は三沢川分水路を取り上げてみます。去年暮れの記事で、大丸用水のうち堀を取り上げたときに、軽く取り上げました。
d0224990_17240799.jpg

三沢川は川崎市麻生区黒川の奥(西東京変電所周辺)を源流とし、稲城市を通って、川崎市多摩区で多摩川に注ぐ河川です。昔から暴れ川と知られていたそうで、たびたび氾濫を引き起こしていたらしい。そこに多摩ニュータウンを代表とした宅地開発の並みが襲いかかります。しかし、どうでしょう。ただでさえ氾濫を引き起こしていた三沢川の周辺を宅地開発するとなると、更に氾濫を引き起こしかねません。いわゆる「森のダム」が失われるのです。
三沢川そのものの改修も考えられました。しかし、都の工事を下流の神奈川県で行うのは良い方法ではなく、さらに下流の川の流域では宅地化が進んでいたため容易ではありませんでした。そこで考えられたのが「三沢川分水路」。川の途中でトンネルを堀り、多摩川に直接流すようなバイパスです。水が増えたときにだけ流すようにしたのです。

1978年、周辺の宅地化に先駆けて分水路の工事がはじまり、1984年(83年説あり)に完成しました。
中間部で6.9メートルの直径がある大規模なトンネルです。


上図は三沢川上流域の宅地開発の簡易図です。一部は分水路完成後に計画されたものや、他水系のものもありますが、流域の多くの山が切り崩されました。

d0224990_17015276.jpg

分水路分岐前の三沢川。水の流れも多いわけではなく、これが反乱するのか・・・というのが正直な感想です。


d0224990_16511337.jpg

分岐部分。巨大なコンクリートの構造物です。普段は水が流入しない造りになっている模様です。

d0224990_16524818.jpg

「三沢川分水路」とでかでか書かれています。この先、稲城中央公園、向陽台の下を抜けて多摩川に注ぎます。トンネルの縦穴も掘られたようなので、遺構が残っていたりしないでしょうかね。話によると、トンネルの位置を示すピンがあるそうなのですが。


d0224990_16530170.jpg

回れ右をするとこんな感じ。いつ流れたかわからない水が貯まって濁っています。



d0224990_18580433.jpg

こちらは以前の記事でも紹介した多摩川への流入口。
ちなみに、このトンネルは大規模開発の雨水問題を解決するために造られた長大トンネルでは日本初だそうです。


街を支える影の立役者「三沢川分水路」。あなたの街にもこのような水路があるのかもしれませんね。




参考文献・参考資料
・稲城市史下巻 864ページ~865ページ
・笹島建設株式会社ホームページ>施工実績>土木技術賞受賞作品
 http://sasajimakensetsu.co.jp/sekou02.htm
 平成26年1月27日閲覧
・パルテノン多摩 定点撮影プロジェクト WEBギャラリー > 三沢川分水路の建設工事
 http://www.parthenon.or.jp/teitensatuei/gallery/archives/316.html
 平成26年1月27日閲覧
[PR]
by yunomi-chawan | 2014-01-28 10:00 | 散策


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル