タグ:区画整理 ( 10 ) タグの人気記事

南山東部土地区画整理事業[2014年11月]
稲城上平尾土地区画整理、稲城小田良土地区画整理事業に続いて、稲城市でも最大級の区画整理事業中である南山東部土地区画整理事業についてみてきました。

この記事では現在のようすを載せるだけとします。詳しくは前回の記事などを参照してください。

2014年3月
2013年11月




あらたに立ち入ることができるようになった区域は変わりませんでした。

小学校が開校することや、現在範囲内に建設中のマンションの広告がポストにはいるようになってきたことから、工事が進んできたのかと思っていたのですが。

ここは写真を撮ってたら工事関係者に注意されたこともありましたが、今回はなかったのでとりあえず安心。
d0224990_12542542.jpg

稲城駅から大通りを南へいった突き当たりです。
この道は多摩都市計画道路3・4・16号稲城南多摩線で、区画内を東西に貫き、よみうりランド丘の湯付近まで繋ぐ予定です。
共用されている部分は稲城駅付近を開発した時に開通した部分で、この区画整理によって共用開始になった部分はありませんでした。


d0224990_13032917.jpg

ここは先ほどの場所から東へいった区画道路です。バリケードはなく、入れる状態でしたが、看板に関係者以外立ち入り禁止と書いてあったため、中の写真だけ撮って入ることはしませんでした。
左側に写ってる建物が新たに建設中のプラウドシティ南山です。多摩丘陵の端であるため、北側がよく見通せます。狭山も見えます。スカイツリーなども。
このマンションも稲城という都心からの立地と眺めを売りにしているようです。

d0224990_13072806.jpg

プラウドシティ南山の北側の分譲がされてる地区です。前回来た3月も入れましたが、前回と家の数はあまり変わってません。
<
d0224990_13085650.jpg

さっきの道路の東の端。まだここも変わらず。
絶賛工事中です。この先、京王よみうりランド駅の西側まで家がたつ予定です。
d0224990_16574235.jpg

南側を望みます。南側は神奈川県との県境まで開発されます。工事のようすは前回来たときとほとんど変わっていません。いや、まだ立ち入りが許されていないだけで見えないために、実は大きく変わっているのかもしれませんが。
GoogleEarthの航空写真が更新されているようで、この付近も新しい写真に切り替わっていました。それによると、都市計画道路は形みたいなものができていました。次来るのはいつか未定ですが、春には大きく変わっていることでしょうね。




[PR]
by yunomi-chawan | 2014-12-02 17:01 | 散策

稲城小田良地区区画整理事業[2014年11月]

この区画整理



前々回の上平尾区画整理事業に続いて、上平尾区画整理事業の北側で工事が続いている「稲城小田良区画整理事業」についても様子を見てきました。
記事にしてこの区画整理事業を取り上げるのは3回目となります。
前回来たのは2014年の3月で、そのころちょうど工事が始まったような様子でした。この雑な地図を使うのも数回目。説明についてもいままでと被るところがあります。

d0224990_16474183.jpg
稲城市ホームページより引用


小田良とは「こだら」と読むこの辺の地名。ただし、大字は坂浜と平尾です。
工事は組合によって施工されます。組合員は101名で事業費は101億円。面積は29.3ヘクタールで、平成24年(2012年)12月24日に認可が下り、平成32年(2020年)に事業完了となる見込みです。合算減歩率は53.90%。
区画内には2つの都市計画道路があります。

1つは中央を南北に貫く道路です。多摩都市計画道路3・4・36号小田良上平尾線といい、南は上平尾区画整理内、北は京王線下までの計画です。京王線下からその先の鶴川街道(町田調布線)までの計画はいまのところありません。

2つめは多摩都市計画道路3・4・17号坂浜平尾線です。東は上平尾区画整理事業地内、都県境付近まで、北側は鶴川街道の若葉台入口交差点までの予定です。都県境付近~上平尾バス停付近までは供用完了しています。この都市計画道路は、区画整理地内は組合によって整備されますが、そのさきの敷地外は東京都によって工事が着手されています。この道についてはこちらの記事でも取り上げています。

いまの様子


d0224990_16591500.jpg
都市計画道路小田良上平尾線の予定地を学園通りからの撮影です。
正面に写る鉄塔は西北線No.12です。
左側ですが、工事が進んできたのがお分かりいただけるでしょうか。

街の変遷を撮影するにあたって、鉄塔などはたいていは位置が変わらないため比較するのに最適です。多摩ニュータウンの今昔写真集などでも、鉄塔の位置がキーになっていることが多いです。
d0224990_17115974.jpg
こちらは2013年3月。1年半前です。木が減ってますね。
d0224990_17071910.jpg
市のホームページに記載されている計画図を見る限りはこんな感じに道路が造られることになりそうです。あくまでも想像です。
中央の鉄塔脇まで駆け抜けるのが都市計画道路小田良上平尾線です。小田良上平尾線は、撮影ポイントである学園通りとは平面では交差しないようです(点線で書かれている)。このことを考えると、やはりトンネルなのでしょうかね?



d0224990_17151044.jpg
同じ学園通りからポイントをずらして。
ここは木があって撮影ができなかった場所です。
d0224990_17172670.jpg写真の中央に写っている小道(ショベルカーのあたり)で2013年5月に撮影した写真です。当時は木がありました。
今回は同じ場所に行くのがためらわれるくらい様子が変化していました。まだ立ち入り禁止などの措置はとられていません。

d0224990_17220526.jpg
いまの小田良通り。
計画では片側歩道つきの道に変わります。ルートは大幅には変わりません。


d0224990_17233970.jpg
個人的に衝撃だったのがこれ。コンクリート構造物が出来上がっていました。
d0224990_17243836.jpgこちらは2013年5月の写真です。
当時はまだ着工されていなかったのでそのままの姿がありました。
2013年5月(上)
d0224990_17261145.jpgそして2014年3月。
工事が始まり、木が伐採され始めました。
2014年3月(上)

そして今回が先ほどの画像。山肌がきれいに削り取られて、下が空洞になったコンクリートが出現しました。

この付近には地下式調整池をもつ公園と、都市計画道路が計画されているため、そのどちらかのものと思われます。空洞なのを見ると調整池っぽいですよね。でも、案外長いことを考えると道路にも思えたりします。


d0224990_17344896.jpg
北上すると京王相模原線にぶつかります。
区画整理の事業地はここまでとなります。

先ほども述べましたが、現在着工されている都市計画道路小田良上平尾線はここまでです。稲城市の資料や、坂浜平尾線の案内看板を見ると、この先の鶴川街道まで書かれていることが多いことから、しばらくすると着工するのだと思います。

なお、京王線のこの付近に新駅を作る計画があります。
京王線の稲城駅~若葉台駅は京王新線を除くと最も長い駅間隔で「坂浜新駅」という構想は昔からありました。ただ、京王を含めてどこからも公表されていないことから、まだ構想段階に過ぎないのでしょう。



[PR]
by yunomi-chawan | 2014-11-30 00:00 | 散策

稲城上平尾土地区画整理事業[2014年11月]

はじめに


d0224990_16244914.png稲城上平尾土地区画整理事業について、前回の今年3月に引き続き続報としてお伝えします。

工事の概要などについては前回の記事に詳しく記していますので、今回の記事では省略させていただきます。


概要としては、稲城市南部の上平尾地区で行われている組合施工の区画整理事業です。総面積は約25.1ヘクタールです。
西は若葉台駅、南は栗平駅、東は新百合ヶ丘駅と3駅利用可能な地区となっています。
d0224990_16590885.jpg

今回は入れた部分を青紫色で示しました。
前回と比べると約2倍に拡大したでしょうか。

この地区は早期より野村不動産によって「プラウドシーズン栗平」として分譲が進んでいます。栗平と言うのは尾根を越えたところにある神奈川県川崎市麻生区の小田急多摩線の駅の名前です。
「栗平」という地名は稲城市にも川崎市にも存在せず、小田急が駅を作るときに川崎市の「栗木(くりぎ)」と「片平」のそれぞれの漢字を取ってつくった名前なのです。
だから、ここを栗平の名前を使って売り出すのはおかしいんじゃないかなぁぁと、思ったり。
ここに根付いた地名である「上平尾」を使ってほしいものですよね。ちなみにこのあたりは、出口、山井戸、新田、寺谷津、御林、八幡前、宝殿・・・といった地名もあったそうです。

ちなみにここの広告で、新百合ヶ丘が近いということで新百合ヶ丘側からこの地区を写した航空写真を載せているのですが、まぁうまく遠近法を使って近いことをアピールしてますね。3キロありますので。遠いか近いか意見が分かれる距離ですね。

路線バス運行へ

小田急バスより21月1日からバス路線新設のお知らせがありました。
http://www.odakyubus.co.jp/news/topic1188(リンクが切れる可能性があります。)

新08系統 新百合ヶ丘駅~上平尾区画整理 全長は2.81km 小田急バス町田営業所
新設バス停は終点の「上平尾区画整理」のみで、そのほかの上平尾~新百合ヶ丘駅は全て既存のバス停です。途中、平尾団地は通過します。
「上平尾区画整理」って行先はなんというか珍しいですね。
運行本数は一時間に1本程度。ただし運行パターンはまちまちで全くバスが来ない時間帯もあります。

将来、区画内を南西から北東に突き抜ける都市計画道路多3・4・17号坂浜・平尾線が開通して若葉台方面につながれば、新百合ヶ丘~若葉台のバス路線運行は間違いないでしょう。
ちなみに全通予定は平成31年。5年後まで待つことになります。

そのバス停の位置がどこなのかなぁと見てきたのですが、バス停はまだ設置されていなかったのでわかりませんでした。しかし、区画の十字路になっている部分の北側の区画がアスファルトで固められていたので、そこで折り返すのかな?と感じています。写真はのちほど。


現在の様子

d0224990_17352925.jpg
南西の入口です。
正面は都市計画道路多3・4・17号坂浜・平尾線です。まだ区画線などはありません。

d0224990_17391224.jpg
十字路から入口方面。
d0224990_17395411.jpg
十字路から小田良方面。
このさきは都市計画道路多3・4・36号 小田良・上平尾線が京王相模原線下まで計画されています。この先の尾根はトンネルにするのか掘割式にするのか...よくわかりませんね。

先ほど述べたバス停の予定地?は写真左側ですかね?ここがアスファルト舗装されていました。
d0224990_17401739.jpg
十字路から栗平方面。
こちらは栗平駅の南側の道路、通称:栗木線につながります。以前トンネルにするとお伝えしましたが、工事の状況から見ると掘割式のようです。
ちなみに栗木線は鶴川団地方面までつながる都市計画があります(計画のみ)。
d0224990_17405902.jpg
十字路から若葉台方面。
こちらは先に述べたように若葉台入口交差点までつながります。トンネルだと思っていたのですが、こちらも掘割式なのでしょうか。かなり切り立った堀が出来上がっています。


d0224990_17500165.jpg
パノラマ。クリックで拡大できます。
d0224990_18284145.jpg

d0224990_17521993.jpg
街区。家のほとんどは空き家です。まだ分譲途中でした。プラウドシーズンではCenterHillと名付けられている街区です。

d0224990_17532852.jpg
都市計画道路多3・4・36号です。2つめの街灯の場所がさきほどの十字路です。
となりにいた分譲を見に来ていた家族に野村不動産の係の人が「歩道が広く安心です。」と説明していました。


d0224990_18024518.jpg
同じ場所から栗平方面。

d0224990_18033097.jpg
街区


d0224990_18041290.jpg
プラウドシーズンの案内所。


d0224990_18045958.jpg
平尾団地側からの入口からの光景。前回来た時は入れませんでした。

d0224990_18060699.jpg
川崎側の尾根から。

d0224990_18063840.jpg
d0224990_18225893.jpg
d0224990_18064570.jpg
栗木線から上平尾方面。
d0224990_18185222.jpg
キジも居ました。


Before After


2013年3月
2014年3月 ↓
d0224990_18104813.jpg
2014年11月


2012年3月 ↓
2013年3月 ↓

2013年5月 ↓
2014年3月 ↓
d0224990_18121742.jpg
2014年11月



2014年3月  ↓
d0224990_18162310.jpg
2014年11月

  



だいぶ変わっていますね。
今回はここまでです。

[PR]
by yunomi-chawan | 2014-11-24 00:00 | 散策

ありがた山 (南山東部土地区画整理)
稲城市の「ありがた山」に行ってきました。
ありがた山と言うのは、東京都稲城市南山地区にあり、京王相模原線の京王よみうりランド駅から徒歩5分ほどの場所にあります。



まず、写真を
d0224990_20131368.jpg
ウィキペディアにも詳しく書かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%9F%E5%B1%B1

簡単に言うと
1940年43年に、駒込にあった無縁仏などを日徳海という宗教団体によって集められたもの。現在も隣接している妙覚寺の好意で護られている。
・・・とのことです。


ただし、ここも南山東部土地区画整理事業の範囲内となっています。
地図


稲城市の公表している設計図(別窓で開きます)



設計図を見る限りは、ありがた山の北部(下側)は都市計画道路になるようです。
また、この付近は宗教用施設として使用されることになっているので、残される可能性もあるかも知れません。


d0224990_20490687.jpg
上部から見下ろす。
見えている先までが無縁仏や石仏になります。
その下は妙覚寺の墓地となっています。


d0224990_20503777.jpg
区画整理の範囲は、すぐ近くまで迫っています。
フェンスは開いていますが、「防犯カメラ作動中」や「立ち入り禁止」と言った看板が貼られていました。

ここを行くと区画整理の真ん中へ行くことができるのですが・・・。



d0224990_20572178.jpg
下側もすぐそばまで更地になっていました。




今回は初めて区画整理地の東側に行ってみました。

[PR]
by yunomi-chawan | 2014-04-04 00:00 | 散策

南山東部土地区画整理 [2014年3月]

稲城駅の南側から京王よみうりランド駅の南側まで大胆に工事する南山東部区画整理事業。
小田良・上平尾と同日にこちらも行ってきました。

入れるようになった場所としては前回と変わりませんので景色もあまり変わりませんでした。



入れる場所は前回と同様。




d0224990_17461728.jpg
電線共同溝の工事を行っていました。

前回もあったのですが、工事のおじさんに「何を撮っているのですか?」と聞かれました。
この地区は開発反対派が活動を行っていることもあり、工事関係者全体で警戒を行っているのかなぁという印象です。今後の調査に影響がなければいいのですがね。


このことは、マスコミの偏見のある報道ですが、以下URLでもなんとなくその様子がわかると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=Y3xDcRDXYa4


d0224990_17520497.jpg
舗装前の道路。右側は宅地造成、左側は中層の集合住宅のようです。
駅から10分ほどで便利な場所です。



今回はこのくらいです。

大きな進展がなかったです。



稲城駅口はこのぐらいですが、京王よみうりランド口はまだ行ったことがないので、何らかの変化があるのかもしれません。

昭和の時代、ランド坂としてバイク好きが集まったあの坂も、区画整理によってなくなるようです。また、多くの石仏や仏舎利がある「ありがた山」や、ダートトライアル用のサーキットだった「多摩サーキット」の跡地も姿を消すことになります。




[PR]
by yunomi-chawan | 2014-03-21 18:00 | 散策

稲城小田良地区区画整理事業[2014年3月]
稲城上平尾地区に続いて、お隣の小田良地区の区画整理の様子を見てきました。
d0224990_16092992.png
小田良地区は稲城市の南側にあります。
小田良は「こだら」と読みます。この区画整理の広さは29.3ヘクタール、事業費は101億円です。
お隣の上平尾地区と同様に組合による施工となります。


以前も紹介しましたが、京王相模原線に新駅の構想があります。新駅設置と考えられている場所は区画整理地内には含まれていない模様ですが、街づくりも新駅を視野に入れたもののようです。
ただし、京王電鉄などにも新駅の計画は発表されていないように、いまだ構想段階であると考えられます。



地図などは稲城市ホームページ参照
http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/machi_zukuri/jigyo/kukakuseiri/kumiaisekou/kodara.html


稲城市のホームページを見るとわかりますが、上平尾と同様に、都市計画道路2本が計画されています。
詳しいことは前回の上平尾の記事で書いたので省略します。


・現状
現在は組合が認可され、今回の訪問で組合の建物ができているのが確認できました。
以下、写真とともに説明を加えます。去年5月に撮った写真があれば、載せています。


d0224990_21204931.jpg
2013年5月

d0224990_16161638.jpg
2014年3月
都道19号線(鶴川街道)の県境バス停から小田良地区に入って、京王線をくぐったあたりです。
右側の建物はコンクリートブロック工場です。この付近から区画整理の敷地内となります。
この道は写真右側に歩道が設置され、少し広くなる予定のようです。
現在、この道はその名も「小田良通り」となっていて、一種の抜け道のようになっています。



d0224990_2122449.jpg
2013年5月
d0224990_16180433.jpg
2014年3月
工事は6月ごろから始まると、とあるサイトに書かれていましたが、既に木を切り倒す工事が始まっていました。
造成工事は木を切り倒すことから始まります。奥に見える鉄塔は西北線の13号です。




d0224990_16233754.jpg
切り倒された木。これを動物に置き換えると凄い光景なんですがね。


d0224990_16243410.jpg
小田良通りです。



d0224990_16250599.jpg
前述しましたが、組合の建物が設置されていました。

d0224990_16264782.jpg
右に写るのは西北線のNo.12。
幅員6メートルの街路が予定されています。



d0224990_21444738.jpg
2013年5月
d0224990_16282679.jpg
2014年3月
前回は葉があったという影響もあるかとは思いますが、だいぶすっきりしました。
奥の木は切り倒されていました。6名ほどの作業員が木を切る作業を行っていました。




今回確認できたのはこの程度です。
進度としては木を切るほどでした。


この区画整理の目玉は、小田良谷戸公園です。現在もこの公園は稲城ふれあいの森として市民に親しまれています。その公園を残すという形のようです。
後期は平成32年まで、長い工事です。
今後もこちらも追い続けます。


当ブログの関係する記事はこちら


お役立ちサイト
稲城市HP
http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/machi_zukuri/jigyo/kukakuseiri/kumiaisekou/kodara.html

[PR]
by yunomi-chawan | 2014-03-20 09:00 | 散策

稲城上平尾土地区画整理事業[2014年3月]



d0224990_16244914.png
稲城市の区画整地「上平尾地区」に行ってきました。昨年5月以来、約10か月ぶりとなります。
上平尾地区は、稲城市の南側にあり、東は平尾団地を越えると新百合ヶ丘に、南は栗平駅に、西は若葉台駅に接する場所です。

稲城市のホームページ
http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/machi_zukuri/jigyo/kukakuseiri/kumiaisekou/kamihirao.html


区画整理地内には2つの幹線道路が予定されています。
一つは「都市計画道路 多3・4・17号 坂浜・平尾線」
もう一つは「都市計画道路 多3・4・36号 小田良上平尾線」
です。
一つ目の坂浜・平尾線は区画整理地内を南東から北西に突き抜ける予定で、南東側は新百合ヶ丘に接する道、北東側は若葉台入口交差点に突き当り、鎌倉街道から尻手黒川道路まで一直線につながることになります。現在、この地区は細い道路しかなく、大型自動車の走行は難しい状況ですが、開通すると、中央自動車道方面(多摩地区)と東名高速道路方面(川崎地区)がつながることで、交通量が増加すると思われます。
二つ目の小田良上平尾線はお隣の栗平駅と、反対側の小田良を結ぶ予定です。栗平駅側はその先で町田市の広袴・鶴川団地とつながる別の都市計画道路も存在しますが、もう構想で終わっている模様で、事業化はされていません。小田良は上平尾とほぼ同時進行で工事が進んでいます。
d0224990_17380263.png
d0224990_17381147.png

d0224990_17393254.jpg
平尾側の区画整地の入口です。
ここは入ることができます。

d0224990_17404282.jpg
都市計画の計画図です。
上にも簡易図を書きましたが、詳しくはこんな感じです。
上記稲城市HPでも見ることができます。



d0224990_17430257.png
d0224990_17485688.png
今回は入れたのはこの範囲です。
ここに行こうと思ったのは、先日分譲の広告が入っていたためです。
赤く示した部分には既に家が建っていました。


d0224990_17441528.jpg
奥のオレンジ色の屋根が新築です。絶賛工事中で、見える多くの家が内装工事中でした。左側は元からある家になります。


d0224990_17452588.jpg
右側には既に家が建っています。



d0224990_17494016.jpg
この正面が、都市計画道路 小田良上平尾線です。
これより北側も絶賛工事中でした。


d0224990_17505264.jpg
西北線No.10とお寺
このお寺は区画整理前から同じ場所にありますが、都市計画後も同じ場所になるようです。
鉄塔はこの裏にあります。

d0224990_17530754.jpg
西北線No.10と建設中の家。


d0224990_17534399.jpg
西北線No.9
西北線No.9の下の都市計画道路 小田良上平尾線はトンネルになると言ったような記憶があるのですが、工事の様子を見る限り山を切り崩してしまうようです。


d0224990_17554856.jpg
パノラマ
クリックで拡大できます。

d0224990_17563694.jpg
西北線のNo.10ですが、工事で周りの土が削られてきています。
接近は以前まで北側の小道からできましたが、小道は通行止めになっていました。


d0224990_17575879.jpg
平尾団地側の入口。
舗装されていますが、こちらはバリケードがあって立ち入ることはできません。



d0224990_17590601.jpg
不動産関係だろうか?


d0224990_17593362.jpg
手前は調整池になる予定だそうです。


d0224990_18000972.jpg
No.10と工事車両

d0224990_18003581.jpg
良い街になるのかな?


d0224990_18012119.jpg
栗平側はまだ手付かず。
いずれここにも家が建ちます。



d0224990_18024037.jpg
No.9のアクセス路は工事のため通行止め。廻り道が必要となります。


d0224990_18031461.jpg

全景。






そもそも、この場所の区画整理の目的は以下の通りです。(引用)

               ~~~~~~引用始まり~~~~~~
 本地区は、小田急電鉄多摩線栗原駅の北側約800mの地点にあり、南側は東京都住宅供給公社平尾住宅、東側には稲城平尾土地区画整理事業施行地区(施行済)、西側には川崎市の栗木第一土地区画整理事業(施行済)等面的整備が進んだ地区に囲まれている。
 本地区周辺においても、近年民間開発による宅地化が急速に進められている一方で、市街化区域内にありながら介在的に農地や山林が残されており、このまま放置すると無秩序な開発が進展し、将来の土地利用計画に支障をきたす市街地が形成されることが予想される。
 本事業はこれらの現状に鑑み、公共施設を新設又は整備改善することにより、無秩序な市街化の進行を未然に防止し、都市施設の整備された健全な市街地の造成を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。(平成23年3月末現在)
               ~~~~~~引用終わり~~~~~~
東京都都市整備局
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/cpproject/field/inagihirao/kukakuseiri01.html

というように、この地域が市街化区域となり税金の高騰があり、さらに周辺が既に宅地化されており無秩序な開発(スプロール化)を懸念しての開発のようです。

区画整理はこの地域の人によって施工されています。補助金は都から約26億円、市から約4億円がでていますが、他の約65%(約57億円)は地権者の自費となります。
ですから、うまく分譲できないと、不良資産となり、地権者が損するのです。





☆比較

d0224990_18350136.jpg
2012年3月
d0224990_18314364.jpg
2013年3月

d0224990_2147182.jpg
2013年5月
d0224990_18250865.jpg
2014年3月

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

d0224990_17392994.jpg
2013年3月
d0224990_18275826.jpg
2014年3月


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
d0224990_17354658.jpg
2013年3月
d0224990_18290633.jpg
2014年3月



同じような構図から狙うことができない場合もありました。


今後も追い続けたいと思います。


関係するこのブログの記事はこちらです。


お役立ちサイト
・稲城市>土地区画整理事業
http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/machi_zukuri/jigyo/kukakuseiri/index.html
・稲城市>土地区画整理事業>稲城上平尾地区
http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/machi_zukuri/jigyo/kukakuseiri/kumiaisekou/kamihirao.html
・東京都都市整備局>都市計画プロジェクト
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/cpproject/index.html


[PR]
by yunomi-chawan | 2014-03-19 09:00 | 散策

南山東部土地区画整理事業のいま
 今まで、稲城市の区画整理事業のうち「小田良地区土地区画整理事業」と「上平尾地区土地区画整理事業」を紹介してきましたが、今回は稲城市内の区画整理事業の中でも最大規模の区画整理事業を紹介します。
 その名も「南山東部区画整理事業」です。京王相模原線の稲城駅の南側を約87ヘクタールにわたって、組合によって開発されるものです。東京ドームで言うと18個分程度でしょうか。

d0224990_1939386.png

 上の図は、稲城市内の区画整理事業が事業中の場所を示したものです。紫色のところがそこです。図の中央が南山東部土地区画整理事業です。

d0224990_1946533.png

拡大図です。


d0224990_1947119.jpg

駅から南側へ歩いていきます。

 区画整理の場所は多摩丘陵の自然が残る場所でした。
 土地のほとんどが私有地であり、昭和33年の狩野川台風で斜面が崩落りたり、高度経済成長期の土の埋め戻しや砂利の最終などで大きな崖が露出。危険な状態が続いたりし、土地の所有者にたいして改善が求めらていました。また、地権者にとっては相続税も大きな負担となり、スプロール化も懸念されていました。
 こうしたことから昭和45年に都市計画法の市街化区域及び市街化調整区に指定されました。このことで地権者の負担も増え、地権者の組合により区画整理事業がおこなわれることになりました。


d0224990_19543372.jpg

区画整理事業の入口まで10分程度で到着します。

 区画整理事業がおこなわれることになったものの、豊富な自然が残るこの土地に対して、計画の反対をするものもあらわれます。このことは市長選にまで影響され、メディアでも大々的に取り上げられたこともあり、現在でも反対活動が行われています。


d0224990_19571381.jpg

区画整理の工事が行われています。一般人の立ち入りは禁止されています。
工事がおこなわれる寸前にここに来た記憶があります。当時、ここには少年サッカー場があって、サッカーをした記憶があります。サッカー場は区画整理事業地内にあり、現在は跡かたもありません。ここを本拠地としていた少年サッカーチームは場所を移したようです。

d0224990_2033410.jpg

別の入口にも行ってみます。
水道工事が行われていました。

写真左の誘導員ですが「入りますか!」って案内してくださいました。まぁ、入る予定ではなかったのでお断りしたのですが、写真を撮りたいと言うと「どうぞどうぞ!」とこの格好です。フレームから抜けてからシャッターを押せばよかったですね。ありがとうございました。


d0224990_2063711.jpg

もう一か所別の場所にも行ってみます。
ここは区画整理が完了していて、分譲もされています。入ることができました。
写真の道路の縁石の色が変わっている場所から区画整理内です。

私が住む場所も、昔区画整理が行われていた場所で、工事の前の状況を知るようなものは写真しかありません。しかし、その写真も図書館に行ってもなく、昔の状況を知る手がかりが少ないのです。だから、これから何年か後、今日撮った写真が貴重になるのではないかなぁと、バシバシ写真を撮ります。

d0224990_20122592.png

今回は入れた場所。赤く示した部分。


d0224990_20103739.jpg

まぁ、空が広いこと。
右側の写真は老人ホームです。なぜか消防車が停まっています。

d0224990_20114972.jpg

そのうち手前にも家が経つのでしょう。

d0224990_20131925.jpg

ここがサッカー場があった場所です。
ここには中高層建築物が予定されています。

d0224990_20141050.jpg

サッカー場の北側には野球場がありました。それもなくなっています。
駅から近く、サッカー場や野球場のように整地されている場所から開発されたようです。


d0224990_20152733.jpg

東側を望む。
見えている先が今回入れた先端です。

d0224990_20163010.jpg

ココが先端。


d0224990_20171296.jpg

先端から逆方向をみる。
まぁ、本当に空が広い。


d0224990_2020582.jpg

パノラマ(拡大できます)


d0224990_2022970.jpg

d0224990_20223011.jpg

d0224990_20225146.jpg

d0224990_20232876.jpg

一番北側の分譲。
ここからの景色は・・・
d0224990_20241272.jpg

凄いですよ。
東京スカイツリー、新宿副都心のビル群が望めます。入間基地での訓練の時、訓練の煙も見えました。
d0224990_20252264.jpg

よみうりランドの絶叫も・・・聞こえるかな?
d0224990_2026519.jpg

謎の鉄塔工事も見えました。
d0224990_20263558.jpg

再び南側を見て・・・
空が広い。
d0224990_20271434.jpg

夕焼けも・・・。


良い街になるんだろうなぁと感じました。
区画整理が完成したのもほんの少し。今後どうなるのか、こちらも気にしていきたいと思います。



当ブログ:関係する記事
小田良土地区画整理事業と上平尾土地区画整理事業
鉄塔 西北線 2回目 と 小田良地区・上平尾地区区画整理事業

お役立ちリンク
稲城市 土地区画整理事業
稲城市 南山東部地区
[PR]
by yunomi-chawan | 2013-11-04 20:30 | 社会

小田良土地区画整理事業と上平尾土地区画整理事業
何度か紹介したことがある稲城市小田良地区と上平尾地区に5月4日、もう一度行って来たので紹介します。もう、ブログを書くときには行った時から20日以上過ぎていたため、書くかどうか迷っていましたが、書くことにしました。

区画整理の設計図(稲城市ホームページを参考に作成)
稲城上平尾土地区画整理事業 http://goo.gl/maps/cDLCf
稲城小田良土地区画整理事業 http://goo.gl/maps/p1PaQ

地図はもう一度載せておきます。


今回は、前回深くは追わなかった小田良地区を重点的に行っていきました。

d0224990_2145369.jpg

鶴川街道側から入ります。ここから少しずつ山らしくなっていきます。

 いままで、上平尾と小田良の区画整理を紹介していますが、稲城市内では稲城駅南部の南山と呼ばれる場所でも大々的な区画整理事業が行われています。ここはちょっと厄介ないざこざが昔からあり・・・町を作りたい人、自然を残したい人、さまざまな人がいらっしゃるわけです。新聞の地域面にも何度か載っていたりします。
 その南山の区画整理は稲城市の多摩川辺りからも見えます。あの辺りは昔から崖みたいになっていて凄い場所でしたが、今ではだいぶ慣らされてきているように感じます。京王相模原線の車窓からも見ることができます。昨日まで気が植わっていた場所が、次の日には茶色い土に変わって、その何週間後にはコンクリートができていたりと、恐ろしいです。

d0224990_21101645.jpg

入って数百メートルの場所にはコンクリートのブロックを作る工場があります。
そして、京王線の橋が見えてきます。

d0224990_2111424.jpg

 その京王線の橋の下から稲城駅方面を望む。ちなみに、この辺りに新駅を作る計画があります。現在の京王線で稲城~若葉台駅の駅間が京王新線を除いて最も長い場所になっています。私は先頭車両に乗るのが好きなので速度計などをよく見ますが、この辺りでは100キロ/hになることもあって軽快です。
 ここに駅を作っても利用者は区画整理の中の人だけに限られそうな気もしますね。若葉台とこの駅の間の間隔が短すぎるような。

d0224990_2120464.jpg

なんとなくパノラマ。クリック拡大できます。

d0224990_21204931.jpg

さらに奥へ進みます。この辺りから区画整理の事業地内です。

d0224990_21213793.jpg

このような看板が、もうすぐ工事が始まることを語っていますね。
多摩ニュータウンに入るのか・・・?

d0224990_2122449.jpg

青々とした木々。この斜面下には田んぼが広がっています。
奥に見える鉄塔は西北線です。今回は西北線は辿っていません。

d0224990_21235857.jpg

 小田良通りです。
 計画図によると、この道は廃止などはしないで、残すように見えます。もちろん、歩道の設置などはするのかもしれませんが、大きく経路を変えることはなさそうです。その代わりに、先ほど説明した田圃の場所に幅員17メートルの 都市計画道路 多3.4.36号 小田良・上平尾線 が計画されています。


 ここで余談ですが・・・ここで都市計画道路について、
都市計画道路とは、都市計画法に基づく都市計画決定による道路のこと。

では、それ以下の数字や地名についてですが、
3.4.36号 これを路線番号といいます。
で示したのが市町村名です。昭島市だったら昭などの略称が使われたりします。稲城市なのに多?よくわかりませんそこんところ。
ピンクで示した最初の番号は区分を示します。1なら自動車専用道路、3なら幹線道路、7なら区画道路のように区分があるらしいっす。
で示した2つ目の文字は、規模を示すそうです。1は幅員40メートル以上、2は幅員30~40メートル、3は22~30メートル、4は16~22メートルだそうです。それ以下もありますが、ここではこれぐらいの紹介で。
最後の黄色い文字は一連の番号です。

◯◯・××線は、◯◯が起点、××が終点を示します。つまり、小田良・上平尾線は小田良で始まって上平尾で終わる都市計画路線だということがわかります。

ちなみに、都道府県をまたぐと番号名、路線名が変わるのが原則です。

というふうに、いろいろあるわけですが、東京都の都市計画道路についてはhttp://www2.wagamachi-guide.com/tokyo_tokeizu/東京都都市計画局 に載ってます。


d0224990_2143932.jpg

さて、わき道にそれて奥へ奥へ。カブトムシが出てきそうな林に突入しました。ここは幅員6メートルの道路が計画されています。いずれは家が建ち並ぶことでしょう。
d0224990_21444738.jpg

稲城市はナシの産地でもあります。しかし、この木がナシの木かわかりません。


ここで小田良地区を抜け、上平尾地区を眺められる場所へ。

d0224990_2147182.jpg

家の区画ができてきています。

d0224990_21472588.jpg

前回行けなかった西北線の足元にもアプローチを試みました。
右側がだいぶ削り取られています。
東京西線のような丘の上鉄塔になりそうな感じがぷんぷんします。
ちなみに、手前側にトンネルの計画があります。今立っているところは幅員10メートルの区画道路、鉄塔の手前は墓地の計画があります。

d0224990_21492660.jpg

この畑もあとちょっとか?

d0224990_22144156.gif

そして恒例の場所からの定点撮影。同じように撮ろうと思ってもずれてしまいますね。
2012年は写真の向きがもっと東寄りだったため左側が大きくカットです。

今後も工事のようすを見守って行きたいと思います。
[PR]
by yunomi-chawan | 2013-05-25 21:54 | 散策

鉄塔 西北線 2回目 と 小田良地区・上平尾地区区画整理事業
 西北線を再調査します。
 ブログの題名が長くなりました。ごめんなさい。
 昨日、西東京変電所から西北線を辿りながら、稲城市の区画整理業が行われている上平尾地区と、区画整理事業がおこなわれる小田良地区(こだら)の様子を見てきました。先日ブログの方で区画整理事業について紹介しましたが、いざ行ってみると思っていた以上に工事が進んでいて驚きでした。
 上平尾地区ですが、前回西北線に行ったとき(去年の同じころ)は工事の調査が行われているくらいでしたが、今回はダンプの出入りが激しく黄色い地面がむき出しの状態でした。
 小田良地区は、今年の夏ごろに区画整理組合事務所が建設される模様で、用地の確保は進んでいるようですが、工事はまだ進んでいるとは言えません。あと数カ月で本格的に工事がおこなわれるかもしれません。
 同じ稲城市内の稲城駅南側の山も区画整理が進む予定だそうで、稲城市の発展が予想されますが、貴重な里山が消えていくのか心配です。

区画整理の設計図(稲城市ホームページを参考に作成)
稲城上平尾土地区画整理事業 http://goo.gl/maps/cDLCf
稲城小田良土地区画整理事業 http://goo.gl/maps/p1PaQ

地図

DATA

区間     : 西東京変電所~北多摩変電所
推定電圧   : 275kV
回線数    : 2
導体数    : 4
架空地線数 : 3



ここをクリックすると続きを読むことができます。
[PR]
by yunomi-chawan | 2013-03-23 08:00 | 鉄塔のある風景


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル