青柳崖線
武蔵野台地を形成する河岸段丘の一つである青柳面の「青柳崖線」を辿りました。
崖線は「がいせん」と読みます。

多摩川によって形成された崖は複数あり、例として国分寺崖線、北部河岸崖線、立川崖線などあります。
青柳崖線は立川崖線の一部とも考えられています。


d0224990_20355319.jpg


OpenStreetMap





国分寺崖線は二子玉川付近から始まり野川沿いに国分寺付近を通り、武蔵村山まで続く崖です。小田急線で言うと喜多見と成城学園前の間、中央快速線で言うと国立と西国分寺の間によく現れています。

立川崖線は調布や狛江付近から分倍河原駅近くを通って、立川市内を抜けて青梅の方まで続いています。こちらは電通大の裏や、南武線の分倍河原と西府の間、矢川と西国立の間によく現れています。



青柳崖線というのは、立川崖線の柴崎体育館駅付近から分岐して谷保天満宮付近でまた合流する規模としては小さめの崖線です。
なかには立川崖線に含めている記録もあります。
青柳というのは国立市の地名です。


マイプレイス


d0224990_18490737.jpg

青柳崖線の西の端です。
多摩モノレールの柴崎体育館駅があります。
多摩モノレールの駅とその下を走る道路は崖を乗り越えるために緩やかな坂となっていますが、崖自体は結構高低差があります。
ここで立川崖線と分岐しています。


d0224990_18495795.jpg

柴崎体育館の北側です。ここからは完全に青柳崖線となります。
写真の右側が柴崎体育館です。
青柳崖線の高低差は家一軒ほどです。
崖はそのまま東へ向かいます。


d0224990_18510428.jpg

旧甲州街道にぶつかりました。
甲州街道といったら国道20号として交通量も多く、調布付近の旧甲州街道も交通量が多いですが、ここの旧甲州街道は交通量はほとんどありませんでした。
調布の旧甲州街道とは繋がっていません。

街道は崖を緩やかな坂で上っていることがわかります。

d0224990_18514366.jpg


崖は若干南東へ進み、新奥多摩街道とぶつかります。
青柳崖線は府中用水のもとともなる根川の左岸に現れます。ここの傾斜も崖を越えるために坂道になっていますが、根川を越えるために橋にもなっています。

d0224990_18525919.jpg


根川です。
根川の水量は多くはなく、流れに沿って遊歩道が整備されています。途中大きな街道と何度かすれ違いますが、ほとんどが立体交差になっていて安全が確保されておりあるくには良いです。

写真の場所もそうですが、何ヵ所か流れを塞き止めて小さな池としているところがあり、カワセミなど野鳥が見られます。

d0224990_18534049.jpg


甲州街道です。
若干坂道になっていますね。
ここの甲州街道は日野バイパスの開通にともなって都道に降格しています。
d0224990_18552948.jpg

立川球場の東側で根川の遊歩道は終了し、崖の下を行くことができなくなります。
多摩川左岸のサイクリングコースもここは崖の上に迂回します。
ここは貝殻坂と言われているそうです。

写真の右側は私道のようでした。

d0224990_19524366.jpg

国立市教育委員会の案内がありました。
「この坂は、青柳段丘崖の立川市境にあたり、昔から、坂の途中から貝殻が出るので『貝殻坂』と呼ばれています。江戸時代の文人斉藤鶴磯の著書『武蔵野話』(1815)にも、柴崎村と青柳村との境 多摩川に臨し所に貝殻坂という所あり。此地の土中に蛤貝の殻おびただしくあり。古はこの辺は入海なりと土人伝う・・・』と記されています。」

d0224990_18561693.jpg

緑川は排水路から撮影した多摩川方面です。
たっている場所が青柳崖線の上で、したが緑川になります。ここは多摩川と一番近くなる場所です。
ちなみに、緑川はみのわ通りの下を暗渠で流れてる川です。普通なら気づきません。

ちなみに先ほど流れていた根川はここで多摩川にぶつかるとともに、府中用水がここから取り入れられているそうです。なお、府中用水の取水は夏期間のみ行われ、そのほかは湧水などによって賄われているとか。

緑川・府中用水ともにいつか取り上げてみたいですね。
d0224990_20031256.jpg
青柳稲荷神社が少し進んだ崖の上にありました。
青柳と言うのはこの辺りの大字、地名で、「青柳崖線」の名前にもなっています。
青柳と言う地名は古くは多摩川の南岸(左岸)の「青柳島」と言うところにあったそうですが、1671年の氾濫によって流失したため、現在の場所に開拓されたそうです。

この神社の拝殿は市登録有形文化財・建造物に指定されていましたが、基礎の老朽化によって改築されたため、拝殿は登録が取り消されました。
改築もあってか、かなりきれいです。





d0224990_18585135.jpg
都道20号の西側です。
案内板によると、四軒在家という地名らしいです。
ここは昔からの自然な姿の青柳崖線が残っていました。
多摩では崖線をママやハケと言うそうです。
ママやハケからは湧水が盛んで、至るところから湧き出ています。先程の根川の水の一部もそうでしょう。

特にここは「上のママ下」として知られています。ママ下というのは、崖の下という意味なのはわかるでしょう。
いまは自然とふれあえるようにママ下湧水公園として整備されています。
水が本当に透き通っていて、至るところから涌き出ています。
湧水を利用した野菜の洗い物など許されていますが、水を守るために動物を洗ったりはしないよう看板がありました。
d0224990_20091701.jpg
ここが某百科事典にものっている場所。
ここの湧水量は多かったですね。
d0224990_20104503.jpg
案内板もありました。
この案内板にもありますが、「ママ下湧水公園の会」なるものが存在し、保全を行っているようです。ママ下、さらに湧水が大切にされているのがよくわかりますね。
d0224990_18593616.jpg
こちらが都道20号を上から見たところ。緩やかな坂になっていますね。
d0224990_20121996.jpg
この都道20号線は上からはわかりませんが、崖を越えるあたりで橋になっています。
その橋の名前はまさに「ママ下橋」。橋の下の崖からも水がわき出ていました。

d0224990_20140559.jpg
国立府中インターから西へ500メートルほどの場所です。
右側が中央自動車道の堤で、左側が青柳崖線の崖になっています。


d0224990_19024730.jpg

ヤクルト本社にぶつかります。
ヤクルトの建物の北側、写真で言うと左側に崖があります。
あとで気がついたのですが、ヤクルトと崖の間に遊歩道があって通行できたようです。気がつかなかったので、迂回して崖の上を歩きました。


d0224990_20151067.jpg
崖の上から北側を見ると青柳面が広がっていました。何て平らなんでしょうか。


d0224990_20160125.jpg
ヤクルトを抜けると国立市の城山公園に到達します。読みは「じょうやま」らしいです。
この公園は崖と湧水を利用した自然公園となっています。

d0224990_20185271.jpg
城山公園を抜けると崖はひっそりと消えて、谷保天満宮付近で立川崖線に再び合流します。
末端を探してみたのですが、あまりにひっそりと消えていったので「ここだ!」という場所はわかりませんでした。


ついでなので、谷保駅に向かう途中に谷保天満宮によってみました。
d0224990_20203020.jpg
ここ谷保天満宮。読み方は「やぼ」。南武線の谷保駅は「やほ」と濁らせません。
これはもともと地名は濁らせて読んでいたのが、南武線に駅を置くときに当時南武線を建設した南武鉄道が「野暮」に聞こえるとして、濁らせずに駅名にしたからだそうです。

ここは実は関東最古の天満宮。903年の創始です。祭神はもちろん菅原道真。絵馬もたくさんありました。

ちなみにここの御記帳はかわいいと有名だそうで。


d0224990_20264341.jpg
ここの神社の参道は北側の甲州街道側の入口から下って本堂があると言うなんとも珍しい構造。この下るときにある崖は立川崖線です。
大抵の神社が本殿が上にありますが、ここはなぜ下るかというのは、昔は甲州街道が下側にあったからだと言うことです。

いろいろなサイトを見ているとチャボ(ニワトリ)がたくさんいると書かれたものをよく見ます。たしかに昔はたくさん放し飼いになっていました。
しかし、いつからか野生のキツネが現れ襲われてしまったのだとか。
国立市のHPによると2013年5月ごろに他にも被害が確認。キツネは絶滅危惧種にも指定されているホンドキツネで、もともと多摩川流域で生存が確認されていたそうです。市ではそれらのキツネが移動してきたものとみているようです。このキツネは小さく人を襲うことはほとんどないこと、繁殖力も小さいことから様子見の対応をとっています。2014年のいまもいるのかわかりませんが、キツネにとっても住みやすい環境だったのでしょうかね?



最後に動画にまとめました。

[PR]
# by yunomi-chawan | 2014-11-15 00:00 | 散策

豊田車両センター祭りに行ってきた

d0224990_19413921.jpg
豊田車両センター祭りに行ってきました。
中央線豊田駅の西側にある豊田車両センター。多くの車両を止めてある車庫です。

ポスターには189系とEF64が目玉の展示だと告知されていましたが、先日から中央線の線路上に留置されていた201系がいなくなったということで、201系が展示されるのではないかという噂が広がっていました。

それで土曜になり、展示されているとの情報を得たため行ってきました。


とりあえず写真を貼っていきます。
d0224990_19493432.jpg
この保存されているクハ201-1は2008年に引退。
中央線の201系も2011年に引退にしています。

展示は約10人ごと1組で、制限時間は各組1分。
すこしあわてながら皆さんカメラを向けていました。

d0224990_20004389.jpg
d0224990_20011217.jpg
線路沿いに留置されていた時に比べると、塗装が直されているようです。

この車両は鉄道博物館で展示されるという話がありますが、どうなるんですかね?

d0224990_20080516.jpg
真オレンジの電車いいですねぇ。


d0224990_20114090.jpg
青462編成
よくわからないけど展示。


d0224990_20153721.jpg
豊田車両センターで噂のクモハE233-901
ATS-PもATS-Snも付いている優れモノの車両です。え?

d0224990_20210457.jpg
パンタグラフ
PS21というもののようです。案外大きいのですね。
この型のパンタグラフは201系で使われていました。

d0224990_20224741.jpg
こちらはPS33D
シングルですね。簡素です。

d0224990_20310023.jpg
四季彩HM



d0224990_20354465.jpg
d0224990_20403668.jpg

車セ内・・・

d0224990_20411336.jpg
トタT12編成、トタT41編成と115系

d0224990_20432131.jpg
ホリデー快速富士山表示

d0224990_20450938.jpg
d0224990_20453034.jpg
ナノN324編成
LEDは「宇都宮線直通」表示でしたが、どうしても切れるのであきらめました。

デジカメなのでこの先もキレてる写真があります。。。

d0224990_20480672.jpg
トタ青669編成
LEDは「ホリデー快速おくたま/御嶽」

d0224990_20503498.jpg
d0224990_20520033.jpg
急行アルプス表示

d0224990_20525541.jpg
ナノC1編成
いつまでもつか・・・


d0224990_20551705.jpg
トタ青461編成
青梅寄りのHMをここで見られるとは。

d0224990_20564009.jpg
トタT21編成
通勤特快/豊田
d0224990_20580226.jpg
d0224990_20583099.jpg
トタ青662編成
快速/川崎
普段ない行き先でした。南武線直通!?

d0224990_21001018.jpg

d0224990_21003696.jpg
トタT38編成
各駅停車/豊田

d0224990_21012361.jpg
トタH43編成
LEDは「青梅特快/川越・河辺」
d0224990_21024201.jpg
d0224990_21033611.jpg
トタ青463編成
「東飯能・奥多摩」
d0224990_21051301.jpg
d0224990_21054319.jpg
トタM40編成


d0224990_21080270.jpg
EF64-39


d0224990_21084520.jpg
ナノ101編成

d0224990_21110479.jpg
d0224990_21112528.jpg
こんなかんじです。
d0224990_21131900.jpg
廃品販売などのイベントはありませんが、そこそこ楽しめました。




[PR]
# by yunomi-chawan | 2014-11-09 00:00 | 鉄道

南武線稲田堤駅に駅遠隔操作システム導入の兆し
こんにちは。
ネタがないので、大したことのないことも記事にしちゃいがちです。

さて、今週より南武線の稲田堤駅の改札付近に新たなきかいがせっちしれていました。
d0224990_00343962.jpg

「調整中」と書かれた黄色い見慣れない物体。
私はこれを見た瞬間にはっと思ったのですが。

JR東日本では2014/2/2より、相原駅、八王子みなみ野駅、片倉駅より順次18駅に「駅遠隔操作システム」を導入しました。
その導入に当たって該当駅(改札)に設置されたのが、まさにこの形の装置なのです。



駅遠隔操作システムというのは実際にどう言うものなのか。一言で言えば「駅業務を無人化し、遠隔操作する」こと。、

インターホンつき装置(これ)による精算の券面確認や問い合わせ、精算機の遠隔操作。また、改札口では、有人改札のバーの遠隔操作、券売機の遠隔操作などです。



同システムを導入した田端駅南口などでは無人時間の終日化、片倉駅などは早朝無人時間帯に券売機稼働などしたようです。

稲田堤駅は乗車駅証明書発券機などは設置されてないことから、現在は早朝は無人ではないとは思いますが、無人化にむけた動きなのかもしれません。
(みどりの窓口は7:00~)


d0224990_00454988.jpg
d0224990_00460898.jpg
現在有人改札の通路にもインターホンと思われる機械が設置されていました。

この件について、駅員(JR東日本委託)に聞いてみたのですが、とてもめんどくさそうに「現場にはなにもわからない」とおっしゃっていました。
本当にわからないのか、公式発表がないのでそういわざるを得ないのかわかりませんが。

11/6現在ではとりあえずどこにも公式発表がないので、どうなるのかわかりませんが、注目ですね。

横浜線にこのシステムが導入されたことから、南武線も導入ということはあり得なくはないでしょう。



ちなみに、稲田堤駅では川崎市による橋上駅舎化計画が進んでおり、駅前での地質調査など行われました。なお、11月始めごろには朝ラッシュ時間帯に川崎市職員による利用客の計測を行っていました。
こちらもそろそろ動き出しそうです。
[PR]
# by yunomi-chawan | 2014-11-07 00:53 | 鉄道

長野までの長い旅
長野までの長い旅。長野配給のことではありません。



中央本線には立川始発の松本行き普通列車という、超長い鈍行列車があります。
立川から松本まで実に4時間。

115系で運転されていましたが、この前から211系の運転も始まったとか。

その松本行き鈍行を撮ってきました。



d0224990_18431799.jpg

15:53頃。立川駅の5番線に入線します。
この頃お隣の6番線からは特急かいじ甲府行きが発車。
この鈍行列車は特急かいじより遠い松本まで行くのですからさすがです。



d0224990_18453914.jpg
ホームのやや東京よりに停車。
車両は6両3ドアの115系ナノC14編成でした。

なにか田舎臭い。



d0224990_18473102.jpg


普通


普通列車が新宿まで行っていた頃は、立川を出ると新宿までノンストップだったそうですね。

d0224990_18491174.jpg


d0224990_18493655.jpg

車内はボックスシートでした。
立川の時点で既に多くが乗っていて、「上野原」だとか「大月」だとか、高尾から西の駅名の会話がそこらから聞こえました。
E233系とは違った雰囲気なのはそう感じますね。


d0224990_18553281.jpg
いつか乗って遠出してみたい。



[PR]
# by yunomi-chawan | 2014-11-06 00:00 | 鉄道

青梅線のHMを撮る
ということで青梅線へ。
d0224990_16275951.jpg
1510T 各駅停車 立川駅 青660+青462編成 西立川駅 16:33



かなり暗かった。。。



d0224990_16353991.jpg
立川よりはこんなHM。
昔の電車ですね。

一方、青梅よりのHMはというと…



d0224990_16374555.jpg

連結部分。ということで見ることができず。



d0224990_16382970.jpg
こんな感じですね。
[PR]
# by yunomi-chawan | 2014-11-05 00:00 | 鉄道


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル