<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

1番線の完成が迫る稲城長沼駅

駅シリーズ



稲城長沼駅
よみ・・・・・・・・・・いなぎながぬま
路線・・・・・・・・・・南武線
停車・・・・・・・・・・各駅停車・快速
発車メロディ・・・・・・2番線『ホリデイ』、3番線『ホリデイ』、4番線『浜千鳥』

この記事は平成26年10月29日現在の状況です。

矢野口当駅南多摩 (左側が起点)

過去の記事
2014年7月28日 旧駅舎解体
2014年2月26日 新駅舎
2014年2月21日 旧駅舎
2013年12月24日 上り線高架化当日
2013年12月23日 上り線高架化前日
2013年8月
d0224990_20462851.png
1番線の完成が迫る稲城長沼駅に行ってきました。

夜景モードで撮影しているため、全体的に暗い写真になっています。

d0224990_20480724.jpg
改札口です。
大きな変更点はありませんが、左側に公衆電話が設置されました。

d0224990_20504993.jpg
新改札へ移動した2月現在では北口はこの場所に設置されていましたが、7月13日より旧仮駅舎解体に伴って若干東寄りに移動しました。
現在は、旧仮駅舎についてはすべて解体が終了していますが、通路はそのままになっています。
1番線および、外装工事が行われているため、そのための資材などが置かれている状況です。

d0224990_20535959.jpg

旧仮駅舎があった場所。このように資材が置かれています。
外装工事は骨組みなどがほぼ設置し終わっているようで、それに沿って並上の鉄板を設置します。南口側と同じようになります。
←同じ場所の2014年2月


d0224990_20585161.jpg
北口です。
タクシー用の客待ち駐車場が2台分あります。この写真の右側には個人経営の立ち食いソバ屋があります。時間帯もあっていいにおいが・・・。

d0224990_21002583.jpg
改札内のホーム下は特に変化がありません。
説明割愛。

d0224990_21014109.jpg
1番線の案内が隠された案内板。
行き先の説明は2番線と同様に「登戸・武蔵小杉・川崎方面」となっています。現在は1番線は工事中で列車が来ないためこのようになっています。

なお、この案内板は全国的に設置が進むLED方式の省エネ案内板です。横浜線ではこれに交換すると大々的にアピールしていましたね。


d0224990_21040681.jpg
右が工事中の1番線、左が現在本線として使用している2番線の副本線です。
3日ほど前より、ホームの川崎寄り(階段から端まで)の1番線と2番線を隔てていた壁が撤去されました。
1番線はレールとバラストは敷設が完了、外装は既に述べたように骨組みだけの状況、ホームはコンクリートのブロックを並べただけの状況です。架線もまだ設置されていません。

こう見ると若干川崎寄りは狭いですかね。


11/1追記:すべての壁が撤去されました
d0224990_21125272.jpg
ホームはこんな感じ。
1番線工事とそのほかの工事の行程です。ネットの情報を参考にしたため正確でない可能性があります。稲城市資料は若干違う気がします。
d0224990_23281447.jpg
工事前は2面3線の駅でした。左の3番線は待避線で折り返し列車などがこのホームを使っていたようです。
d0224990_23283019.jpg
上り線が仮線に移ります。
d0224990_23284447.jpg
下り線も仮線に移ります。
d0224990_23285882.jpg
下り線が高架化します。
d0224990_23291939.jpg
上り線も高架化します。
d0224990_23293352.jpg
上り線の本線も高架化し完成です。
d0224990_21133005.jpg
川崎寄りホーム先端です。
出発信号機が設置されています。ただし、この出発信号機は上り線(2番線)が高架化した時から設置されているものです。現在信号機は稼働されておらす、使用停止を占めるバツがつけられています。

d0224990_21160905.jpg
変わって立川寄りのホーム先端です。
こちらは2日ほど前から写真左端に見える中継信号機が設置されました。

d0224990_21195191.jpg
ホーム全景です。
夜の稲城長沼駅は静かです。


稲城長沼駅の高架化工事の線路の変遷です。
2013年以前は一度もここに来ていなかったので状況は知りません。ネットの航空写真および画像検索などで得た情報なので正確でない場合があります。間違いがあればご指摘願います。
d0224990_22003606.png
2007年 
工事が本格的に始まったころです。
まだ線路に大きな変化はありませんでした。
立川寄りは大きなスペースがありました。

d0224990_22015606.png
2008年
上り線が仮線に移動しました。
電留線も多くが撤去されたようです(画像検索より)。
3番線は撤去されたようにも見えたのですが、実際わかりません。

d0224990_22032195.png
2009年
下り線も仮線に移動しました。


d0224990_22044904.png
2011年
下り線が高架化。


d0224990_22511949.png
2013年
上り線が高架化
d0224990_22061818.png

2014年度末(予定)
上り線も高架化予定(完成)


工事の状況を見ていると2014年度末の1番線高架化(完成)も早まりそうな気がします。


区画整理 篇
前述の通り、稲城市施工の区画整理が行われています。総工費は175億円(国庫補助金63億円、都補助金35億円、稲城市一般財源76億円、その他1億円)で、平成5年から平成30年までを計画しています。施工面積は10.6haです。6月の時点で建物移設進捗率が約40%、区画道路進捗率が約30%、都市計画道路の進捗率は約14%にとどまっています。
d0224990_23445339.jpg

区画整理の目玉は稲城長沼駅を南北に貫く「都市計画道路 多3・4・14号線 稲城長沼駅駅前通り線」です。川崎街道からいちょう並木通りまで709メートルにわたって計画されています。
今回のこの区画整理事業とは別ですが、この道を京王線稲城駅方面の稲城福祉センター入口交差点付近まで伸ばす都市計画道路もあります。これは全く着工もされていませんが、稲城市の多くの資料に南北の繋がりとして計画が書かれています。

写真のたっている場所は稲城長沼駅の北口です。将来はこの場所に道路が通る予定です。また、写真の左右に区画道路が、また右側には小型の駅前広場ができる予定です。


d0224990_23543342.jpg

この都市計画道路ですが、6月の時点で完成しているのは僅か98メートルです。これは北口のファミリーマート付近のみということになります。
d0224990_23580534.jpg
現在の北口から旧川崎街道までのこの路地もなくなってしまいます。また、北口にあるダイエーも区画道路が建設されるため、いずれか移転または閉店を余儀なくされます。

d0224990_00014207.jpg
南口にも都市計画道路はつき抜け川崎街道にぶつかります。
d0224990_00022710.jpg
都市計画道路との交差点ができる予定地付近の川崎街道。交通量が非常に多い道路です。
d0224990_00034038.jpg
南口には北口よりも大きな駅前広場ができる予定です。
10月1日より稲城iバスが稲城長沼駅駅に乗り入れるようになり、現在は仮設ロータリーで営業を行っていますが、駅前広場が完成したらひろばに乗り入れることは間違い無さそうです。ただ、まだ1路線であり、かつ本数も1時間1本程度であるため、どうなるかわかりません。きっとルート変更やあらたなバス路線開拓に乗り出すでしょう。

いまは駅前に畑が広がっていますが、おとなりの矢野口みたいに賑やかになるときが来るのでしょうか?
d0224990_00080904.jpg
矢野口駅

町と駅と発展する稲城長沼、いいとこです。

参考(順不同)
稲城稲城長沼駅周辺地区-稲城市
https://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/machi_zukuri/jigyo/kukakuseiri/shisekou/naganuma.html

おきらく娯楽工房
http://okiraku-goraku.com/

GoogleEarth

国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス
http://mapps.gsi.go.jp/aplibSearchMobile.do

JR南武線連続立体交差事業-稲城市
https://www.city.inagi.tokyo.jp/shisei/machi_zukuri/jigyo/nanbusen.html


[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-30 00:00 | 駅シリーズ

大丸用水「中野島用水堀」矢野口駅~京王線下
d0224990_21143790.png久しぶりの大丸用水。中野島堀を辿ります。


d0224990_17092585.png
今回辿った部分です。地図
中野島用水堀は稲城長沼駅と矢野口駅のちょうど中間地点から始まるので、時間の関係上、はじめからの散策は諦めました。

中途半端な場所からですが、あしからず。


d0224990_17231843.jpg
矢野口駅近辺。
南口を出るとロータリーがありますが、そのちょうど真下を暗渠で流れています。
矢野口駅周辺は稲城市の区画整理によって街の様子が大きく変化しました。

上の写真は旧鶴川街道です。正面には川崎街道(府中街道)が横切り、当時は南武線も高架化されていませんでしたから、渋滞が絶えなかったそうです。

現在は4車線(交差点付近は5車線)に大幅拡幅され、南武線も高架化されたことで渋滞は大幅に減っています。

写真で立っているところは、すでに道路としての役割は終えて、歩行者通路としてなにも手入れされず残っています。
こんごも区画整理によって建物がたつ予定なので、この道路の残骸もなくなることでしょう。


d0224990_17271910.jpg
中野島用水堀は現在の鶴川街道を暗渠で越えて、鶴川街道の東側に流れます。

写真はローソンの裏。写真では中野島用水堀は左端の電柱から建物の間へと暗渠で抜けます。

鶴川街道の東側も、都県境まで区画整理事業の範囲内ですが、こちらはあまり進んでいないようです。こんご開発されれば、中野島用水堀の流路も変わってくるかもしれません。


d0224990_17294286.jpg
旧商店街なのでしょうか?
現在はシャッターが閉まって寂しい感じです。

中野島用水堀は歩道の下を流れています。

ちなみにこの先に行くと「吉おか」という和菓子屋がありますよ。
南武線の高架から看板が見えていて気になっていました。


d0224990_17311937.jpg
用水路は暗渠のまま道なりに流れ、南武線の下に辿りつきます。
右の家の左側をここでやっと開渠となります。

区画整理ではこのに都市公園ができる予定ですが、何の動きもありません。

d0224990_17375303.jpg
用水路はそのまま多摩川方面に流れていきます。

d0224990_17384932.jpg
矢野口駅手前で分岐していた「中野島用水堀一派」が合流します。
中野島用水堀一派の方が水量が多いみたいです。

d0224990_17400521.jpg
神奈川県に入ります。
遊歩道が整備されていました。

d0224990_17420796.jpg
中野島用水堀が分岐します。

大丸用水の地図を書いた資料では、稲城市域しか水路名の名前が書いていなかったため、この水路が何という名前なのかわかりません。

とりあえず左が本流であるとし、右の水量が少ない方を「中野島用水堀 支流1」と名付けておきます。ここでは扱いません。

d0224990_17481079.jpg
本流です。
比較的幅が広い用水です。

d0224990_17542678.jpg
南武線方面から流れてきた用水路と合流します。名前がわかりません。



d0224990_18005186.jpg
このまま流れていきます。

京王線をくぐったところで今回の散策は終了。


[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-27 00:00 | 散策

またまたヤギ出現
またヤギが出現しました。

d0224990_18035881.jpg
稲城市若葉台のユニディ脇の斜面で行われているヤギによる除草。
この度3回目の実施となりました。(前回の記事

前回は明治学院大学のヤギによる出張除草がおこなわれていましたが、若干また雑草が増えたことにより、本来の新都市センター開発のヤギによる除草となりました。


このヤギは若葉台にいないときは多摩センターで除草を行っています。
d0224990_18055181.jpg
d0224990_18084655.jpg
今回来たヤギは全部で4頭です。
d0224990_18090293.jpg
休憩小屋で休むヤギ(3頭)

d0224990_18140307.jpg
d0224990_18141374.jpg
1週間ほどの短い期間ですが、頑張ってください。

[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-25 09:00 | 散策

E233系ナハN4編成を撮影
南武線でぞくぞく運転が開始されているE233系。
24日よりナハN4編成が運転を開始しました。

たまたまネットで運転開始を知り、乗車している電車の後ろがこの電車で会ったことから駅で撮影しました。

d0224990_17330947.jpg
シャッタースピードは1/400みたいです。撮りやすい。


24日現在の車両状況(ソースはネットなど)
現役車両
ナハ3編成 尾久疎開
ナハ7編成 茅ヶ崎疎開
ナハ14編成 茅ヶ崎疎開
ナハ15編成 茅ヶ崎疎開
ナハ16編成 茅ヶ崎疎開
ナハ34編成 川越疎開

新型車両
ナハN1編成 営業運転中
ナハN2編成 営業運転中
ナハN3編成 営業運転中
ナハN4編成 営業運転中
ナハN5編成 中原電車区で作業中
ナハN6編成 営業運転中
ナハN7編成 配給待ち


ちなみに24日は立川駅の南武線ホームが2線になってから15周年です。


[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-24 17:56 | 鉄道

残念な皆既月食
10月8日 皆既月食です。

d0224990_23212376.jpg
稲城市で月食の始まりを確認。

d0224990_23212867.jpg
あっというまに欠けていきます。


いそいで自宅に帰ると・・・


d0224990_23225554.jpg
d0224990_23231709.jpg
うーーーん。
見えない。


雲が1キロほど北の地点から自宅付近までかかっていて見えず・・・。
一瞬だけ雲の間から見えたこともありましたが、残念。

おしまい。

[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-09 07:00 | 自然

若葉台に大型書店コーチャンフォーがオープン
d0224990_23012861.jpg
稲城市若葉台にコーチャンフォーがオープンしました。

d0224990_23033335.png
このブログでも何回か紹介してきましたが、コーチャンフォーは北海道発の大賀は複合書店です。
若葉台店は関東初出店となりました。
コーチャンフォーには通常、書店、文具店、CD,DVD店、コーヒーショップが併設されているようです。若葉台店の場合、コーヒーショップにはドトールが入店しました。このドトールはワンフロアの店舗としては日本最大級の床面積だそうです。

書店はサイトによると約100万冊。
多摩地区としては最大級なのではないでしょうか?

個人的な感想としては、本の並べ方がわかりやすいです(蔦谷とくらべて)。
そして圧倒的な書籍数です。漫画本の本棚だけで10はあったのではないでしょうか。


文房具売り場も凄い。「誰が買うの?」といった商品まで置いてあります。




d0224990_23151548.jpg
駐車場も完備。

何も買わなくても1時間は無料です。ただし、1時間ではじっくりまわりきれません。それだけ広いのです。


d0224990_23170510.jpg
部分月食(右の点)とコーチャンフォー
まぁ、とにかく凄い。行ってみては?



[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-08 23:30 | ブログ

南武線新型車両ナハN1編成営業運転開始!
10月4日、いよいよ南武線新型車両E233系ナハN1編成が営業運転を開始しました!
9:40に武蔵中原駅で出発式を行ったあと、日中も運転をしていました。あいにく用事があり日中は撮影に行けませんでしたが、帰宅時に時間をあ合わせて乗りました。


d0224990_17512830.jpg

16:58立川駅。
ナハN1編成は警笛を鳴らして進入してきました。
ホームの両端に鉄が集まってカメラを向けていたので一般客(鉄ではない人)も興味津々。
「なにこれ?今日だけ走るみたいな?」
という会話も聞こえたり。これがこれからの南武線を担います。



d0224990_17543142.jpg

ハイビ…
N1編成は「つなげる つながる なんぶせん」のHMをつけていました。


d0224990_17560001.jpg

車内は標準的なE233系。従来の205系や209系と比べると、車体が横に広いため定員も増。乗っていても広くなったのがよくわかります。

そしてLED照明を使っているため、明るいです。


d0224990_17582986.jpg

LCDもドア上に2つずつ搭載。
京葉線や横浜線と同じタイプでした。


まぁ、これまで上で書いたこともこの車両が南武線に来たときに既にわかっていたことですが。

なお、ドアはスクリュー式が復活してました。



そんな感じで放送を聞いたりしながら乗ってました。

放送はなんか柔らかい口調になったようなイメージ。ただし個人的な感想です。また駅名の案内の方法が変わっていた気がします。

従来は、
駅間隔がないときは
次は○○ ○○。お出口は右側です。
The next station is ○○. The doors on the right side will open.

駅間隔があるときは
次は○○です。
The next station is ○○.

まもなく○○ ○○。お出口は右側です。
The next station is ○○. The doors on the right side will open.

でしたが、
南武線は
駅間隔がないときも一部の駅を除いて
次は○○ ○○。お出口は右側です。
The next station is ○○. The doors on the right side will open.

まもなく ○○ ○○です。
と、駅につく前にまた日本語で放送がありました。


d0224990_18201752.jpg



d0224990_18203802.jpg

今日は途中駅まで。
d0224990_18223107.jpg

これからお世話になります。
[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-06 00:00 | 鉄道

米タン [DE11-2001]
金曜日ですが、米タンの運転がありました。最近は不定期になってる気がします。てか、まぁ時刻表的には既に不定期列車扱いなんですけどね。


d0224990_17410336.jpg

拝島駅でEF65 2066が牽引してきたタキを連結します。

d0224990_17422453.jpg

16:02
駅舎の下は暗い。このあとすぐ構内へ引っ張られていきます。

構内から横田基地引き込み線へは16:26くらいに動き出すので先回りして待機します。


横田第三踏切で待ちます。

d0224990_17444611.jpg

16:20
さてさて、米タンが…米タンが…米タンが????




んなこともあり、16:28
d0224990_17452792.jpg

DE11 2001 横田第三踏切
d0224990_17464719.jpg

冬にかけて日が短くなると撮影が難しくなります。



返しは撮らずにそのまま帰宅。




d0224990_17505055.jpg


線路に入ることもそうですが、ここはアメリカの敷地なので入るのは……
[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-05 00:00 | 米タン

八高線80周年HM
10月6日に八高線全線開通80周年になるのを記念して、八高線(電化区間)で記念ヘッドマークをつけた車両が走っています。撮影してきました。
本当は小宮か北八王子で撮ろうと思っていたのですが、まさかの列車がないということでやむなく拝島駅です。

d0224990_17032505.jpg

1460E ハエ83編成 八王子行き 拝島駅16:00


至ってシンプルなHMですね。
d0224990_17120547.jpg

他にも3人が撮影


d0224990_17123938.jpg

このHMは11月30日までつけられます。
[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-04 00:00 | 鉄道

多摩市と町田市の境界変更について
皆さんは多摩市と町田市が境界を変更したことがあるのをご存知だろうか。
他自治体の人なら非常にどうでもいいことなのだが、1973年12月1日、多摩市と町田市は大幅に市の境界を変更した。

蛇足だが、近年でも町田市は、川の直線化によって川を挟んで離ればなれになった地域を相模原市と町田市で境界を変更している。


1973年の境界の変更は多摩ニュータウンの開発に伴う理由が大きい。計画された多摩ニュータウンの範囲は当時の町田市の一部を含んでいた。しかし、計画をすすめたい多摩市などはニュータウンの範囲が町田市に含まれていると面倒であった。
そんなこともあり、1973年市の境界を変更する運びとなったのだ。



このことは町田市の史料を読んでいてたまたま知ったのだが、当時の境界を示す詳しい地図はなかった。詳しい地図を求めて図書館に足を運んだが、1973年以前の地図(地形図)は早々置いていないものであった。

立川市にある都立多摩図書館にもいってみたがなく、かわりに「港区の都立中央図書館ならある」ということであった。さすがにそこまでいく気力などない。
役所や多摩市の図書館に行けば地形図がある可能性もあったが、急ぐわけでもなく放置していた。そんなこんなで数ヵ月。


そして、この前。ふと思い立ち多摩市立永山図書館に足を運んだ。
この図書館。ビルの3階にあるのだが目立った案内もなく…ビルの回りを2周してしまった(笑)
d0224990_23395548.jpg




永山図書館には多摩市の古い地形図が取り揃えてあった。市内各地の図書館には地形図のコピーが、さらに詳しい地形図は市役所となりの行政資料館にあるそうだ。さすが。
d0224990_21243966.jpg

出所明示:この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図(武蔵府中)を使用したものである。

これが手に入れた地形図。貸出禁止なので法律の範囲内で1枚ものの地形図の半分だけコピーさせていただいた。
この際、念のため係の人に法律の範囲内のこコピー方法を聞いたのだが、「私どもは半分といってますが…まぁ(*´∇`*)」と。「まぁ」には様々な意味が含まれていた感じだ。

この地形図、私のミスでいつのものかメモするのを忘れてしまった。


図書館でコピーした地形図を家でスキャンし、パソコンで今の地図と比べて市境の変化を比べてみた。

d0224990_21302972.jpg

赤出所明示:この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図(武蔵府中)を使用したものである。



GoogleMapsに起こしたもの
https://t.co/FmvdieCc1R

赤い線今の都県境。これはいまと変わらない。
橙の線は市境である。
交差している部分の右の北側と、左の南側の線が73年以前の市境である。
これはまた大幅に変化したことがよくわかる。


今の多摩市瓜生付近は町田市であったようだ。瓜生は現在のブックオフがあるあたりだ。当時のここの地名は小野路町。現在町田市にある小野路町と同じである。当時はまだ小字が健在で、多摩市になったのち住居表示により取り入れられた「瓜生」という地名が小字であったようである。たま多摩市編入後もしばらくは大字小野路町が多摩市でもけん現在いたようだ。


その他、豊ヶ丘、貝取、落合の南部も町田市であったようである。
逆に多摩市から町田市に編入されたのは、東京国際カントリー付近(小山田)に限られていよだ。


こんどぜひ、古い市境の今の様子を見に行ってみたいものである。



古い地形図を読んでいると、驚きや発見がいくつかある。

まずは、多摩ニュータウンに何もないということだ。等高線の動きが非常に激しい。
d0224990_22151369.jpg

出所明示:この地図は、国土地理院発行の2万5千分の1地形図(武蔵府中)を使用したものである。

このダムは防災用として昭和43年に竣工された。
丘陵地であったこの土地を開発し、川も改修するには、そのとき雨が降ると大変なことになる。それを防ぐために前もって防災用のダムを建設したとされている。現在はダムの必要性もなくなり、なくなってどこにあったかなど探す手がかりはほとんどない。
青木葉ダムの他に、楢原第一ダムと第二ダムも存在したようだ。
現在の多摩センター駅から南へ300~500メートルの位置である。

パルテノン多摩定点観測プロジェクトWEBギャラリーに当時の写真がある。
http://www.parthenon.or.jp/teitensatuei/gallery/teitengall.cgi?no=205&file=3


その他「平久保」という小字があった。読めるだろうか?
「たいらくぼ」「へいくぼ」ではない。
「びりくぼ」と読む。今の多摩南野交差点の東側である。今はこのような地名は存在しないが、公園の名前として残っているようである。

最近は自然災害で昔の地名が土地の様子を示す手がかりとなる…と言われたりしているが、とてもじゃないが想像もつかないことが多い。平といっておきながら尾根の頂上なんだもん。


この地図から見た限り、いまはない地名として、「荻久保(多摩南野付近:公園として名前は残る)」「青木葉(東落合付近:公園として名前は残る)」「楢原(多摩モノレール多摩センター駅付近)」「中組(多摩中央署付近:バス停名で残る)」「長坂(アクアブルー付近)」などがある。
バス停や公園の名前として案外残っていたりするものである。


自分のすむ地域のこと、まだまだ知らないことがたくさんあると実感した。



この記事の地形図は国土地理院が示す「300×400ピクセルを超え、画面に収まる大きさで地図等の一部(ラスタ形式)を掲載する場合 → Webサイト全体の中で5枚まで 」に当てはまるものであるとし掲載しています。国土地理院には掲載可能であることを確認済。

[PR]
by yunomi-chawan | 2014-10-03 00:00 | ブログ


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル