暗渠になった「緑川」 下流編
青柳崖線の記事で、国立市青柳付近で「緑川」という暗渠の川の存在をお伝えしました。調べてみると、その川はそこらの川とは違うことがわかり、下流部を辿ってみました。



緑川とは?

d0224990_18381676.jpg
地図:OpenStreetMap(外部リンク) より加工

緑川は昭和18年から21年に東京都が旧陸軍立川飛行場の排水を流すための人工河川でした。残堀川が流路変更をしたときに立川駅の北側の水はけが悪くなり、排水のために掘られた経緯があるようです。通常時は空堀状態だったようです。
昭和23年に所有は東京都から立川市へ移行。その後昭和29年に住民からの要望などにより公共下水道としていされ、中央線北側は昭和30年代に一部暗渠化、昭和46年にか暗渠が完了しています。地上はおもに道路として供用され現在に至っています。
現在は旧陸軍立川飛行場は国営昭和記念公園と自衛隊立川基地として使われています。
参考 昭和20年→1945年

都立多摩図書館(外部リンク)にある古い地図で確認しましたが、上記OpenStreetMapの経路で川が書かれていました。緑川が開渠の川としてあった期間は非常に短いです。

d0224990_19234588.jpg緑川が地下にあるみのわ通りにあった看板。右下の古い写真を見ると、当時の様子が思い浮かびます。
(写真はクリックで拡大)
当時の航空写真は国土地理院の地図・空中写真閲覧サービス(外部リンク)の航空写真「USA-M324-53」(1956/03/10(昭31))には当時の様子がよく写っています。


辿ってみた(多摩川~南武線)

今回は多摩川から上流に向かって中央線付近まで辿ってみました。
d0224990_19325241.jpg
ここが排水口です。
下に降りることは時間の都合上しませんでした。

ここの場所は立川の柴崎方面から流れてくる根川とがここで多摩川に合流。また、府中用水がここから取水しています。ただし、府中用水の取水は夏の期間だけで、冬は取水していません。府中用水は冬は立川崖線や青柳崖線のハケの湧水がおもな水源となっているようです。
青柳崖線の記事でも書きましたが、立っている場所は青柳崖線の上。当時の緑川は崖線を掘っている構造だったのかよくわかりません。


d0224990_19393503.jpg
さっきの場所から反対へ向きます。中央分離帯がありますが、甲州街道の手前で急に一方通行になり、甲州街道への流出のみとなります。
緑川はここの下を暗渠で流れています。
d0224990_19433639.jpg甲州街道から北は「みのわ通り」として親しまれています。
みのわは現在は地名としては消滅していますが、自治会や通り名で残っています。もともとは「箕輪」と書いていたようです。
d0224990_19540432.jpg
途中、立川崖線のハケ下に「矢川弁財天」があります。ハケもそうですがここでも湧水があり、「矢川」として東へ流れます。
写真右側が緑川があるみのわ通りです。矢川はみのわ通りの右側では矢川緑地として親しまれています。矢川緑地はより自然のままでという理念で手入れされている公園です。

矢川が開渠だった頃は緑川と矢川は立体交差をしていたようです。暗渠になった今も交差しているようですが、どのようになっているのかわかりませんでした。
弁財天の北側、立川崖線を登った場所に「みのわ橋」なる交差点がありますが、みのわ橋が当時あったのか、今でもあるのか、よくわかりません。

d0224990_20131304.jpgそのまま北上し、南武線にぶつかるあたりの「羽衣町三丁目」交差点で、南武線を垂直に交差するように北東にそれます。

緑川は一時的に道路の真下からそれますが、公園があり、川の流路がなんとなくわかりました。
d0224990_20174476.jpg
羽衣三丁目交差点の十字路を東へ20メートル行ったところに当時の橋の欄干が片方だけ残っていました。「昭和34年3月竣工」「しやくぐし橋」と銘板がありました。

この先で南武線を越えます。


辿ってみた(南武線~中央線)

d0224990_20295975.jpg
南武線を越え、創価学会の会館の西側で「羽衣いちょう通り」の下を流れます。
羽衣いちょう通りもみのわ通りとほぼ同じ大きさの道路です。ただし、羽衣いちょう通りは14.0tの重量制限があります。よくはわかりませんが、おそらく緑川が影響しているでしょう。

d0224990_20333461.jpg
都道145号線とぶつかり、羽衣いちょう通りは終わります。写真は多摩川方面を向いています。
交差点の真ん中だけ舗装が違っていて、ブロックで囲まれています。これも緑川の以降でしょうか。
d0224990_20370077.jpg緑川第一緑地として中央線下までとおります。
写真にもあるように、先ほどの交差点のような遺構があります。

写真紛失したのですが、中央線高架の南側の側道にも橋の欄干跡が残っていました。



参考 五十音

・OpenStreetMap(地図)
http://www.openstreetmap.org/


・くにたちしらべ No.18
発行 2013年12月9日 くにたち中央図書館 
https://www.library-kunitachi.jp/PDF&IMG/kunitachi_sirabe/kuni_chimei8.pdf


・残堀川の成り立ちと大滝の成立 General History of Zanbori River and Establishment of Otaki Head Drops
発行 平24.都土木技術支援・人材育成センター年報
http://doboku.metro.tokyo.jp/start/03-jyouhou/nenpo/24nenpo/2415.pdf


・疏水百選 府中用水 ~国立市青柳から府中市是政~
http://members.jcom.home.ne.jp/2231247101/fuchu-yosui.htm


・地図・空中写真閲覧サービス USA-M324-53
http://mapps.gsi.go.jp/

全て2014年11月18日閲覧



上流編はこちらです。
[PR]
by yunomi-chawan | 2014-11-19 00:00 | 散策


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル