鉄塔 桜ヶ丘線ほか 2/2
桜ヶ丘線(1回目)、長峰線(2回目)、聖蹟桜ヶ丘線(3回目)、百草線(2回目)、高幡不動線(2回目)、郷地線(1回目)を調査します。

桜ヶ丘線は昭島変電所から柿生線19号までの送電線です。その他の送電線は下記記事内で紹介します。

字数制限に引っ掛かったため桜ヶ丘線31号~柿生線19号は別ページで掲載しています。

地図(桜ヶ丘線のみの記載です)

DATA

区間     :昭島変電所~柿生線19
推定電圧   :154 kV
回線数    :2
導体数    :1
架空地線数 :1,2
所要時間   :4時間40分(管理人が自転車で要した時間)



黒・・・桜ヶ丘線のみ
・・・郷地線
・・・桜ヶ丘線(高幡不動線併架)
・・・桜ヶ丘線(百草線併架)
・・・聖蹟桜ヶ丘線(百草線併架)
・・・桜ヶ丘線(境八王子線併架)
・・・桜ヶ丘線(長峰線併架)
・・・長峰線
(ここでの色は記事内のラインカラーとは関係ありません。)

1号 昭和52年5月建設 高さ55メートル(一の位不確か)
2号 昭和52年5月建設 高さ48メートル
3号 昭和52年5月建設 高さ54メートル
4号 昭和52年5月建設 高さ54メートル
5号 昭和52年5月建設 高さ40メートル
6号 不明
7号 昭和52年5月建設 高さ56メートル
8号 昭和52年5月建設 高さ47メートル
9号 不明
10号 昭和58年3月建設 高さ53メートル
11号 昭和58年3月建設 高さ60メートル
郷地線1号 昭和48年10月建設 高さ33メートル
12号 昭和58年3月建設 高さ49メートル
13号 不明
14号 不明
15号 平成9年6月建設 高さ57メートル
16号 平成9年6月建設 高さ89.1メートル
17号 平成2年6月建設 高さ47メートル
18号 平成2年6月建設 高さ60メートル
19号 不明
20号 平成2年6月建設 高さ55メートル
21号 平成2年6月建設 高さ59メートル
22号 不明
23号 平成2年6月建設 高さ59メートル
24号 平成2年6月建設 高さ59メートル
25号 昭和63年*月建設 高さ60メートル
26号 昭和63年2月建設 高さ60メートル
27号 不明
28号 不明
29号 不明
30号 不明
31号 不明
32号 昭和53年12月建設 高さ33メートル
33号 平成10年7月建設 高さ74.1メートル
34号 昭和53年12月建設 高さ51メートル
35号 昭和59年12月建設 高さ53メートル
36号 昭和59年12月建設 高さ60メートル
37号 昭和59年12月建設 高さ60メートル
38号 昭和58年9月建設 高さ60メートル
聖蹟桜ヶ丘線1号 昭和58年9月建設 高さ44メートル
39号 昭和57年6月建設 高さ45メートル
40号 昭和57年6月建設 高さ52メートル
41号 不明
42号 昭和57年6月建設 高さ49メートル
43号 昭和57年6月建設 高さ55メートル
44号 昭和57年6月建設 高さ49メートル
45号 不明
46号 昭和57年6月建設 高さ43メートル
47号 昭和54年10月建設 高さ45メートル
48号 不明
49号 不明
50号 昭和54年10月建設 高さ52メートル
51号 昭和54年10月建設 高さ39メートル
52号 昭和54年10月建設 高さ42メートル
53号 不明 
54号 不明
55号 昭和5年12月建設 高さ28メートル
56号 不明
57号 不明
58号 不明
59号 不明
60号 平成1(元)年2月建設 高さ75メートル
61号 不明
62号 平成4年9月建設 高さ53.*メートル 
63号 平成1(元)年2月建設 高さ55メートル
64号 平成1(元)年2月建設 高さ55メートル
65号 平成1(元)年2月建設 高さ59メートル
長峰線1号 平成****** ←薄すぎて読めない
66号 不明
67号 不明
68号 不明
69号 不明
70号 昭和14年4月建設 高さ26メートル
71号 不明
72号 不明
73号 昭和44年5月建設 高さ39メートル
74号 昭和44年5月建設 高さ46メートル
75号 昭和60年9月建設 高さ48メートル
76号 昭和60年9月建設 高さ48メートル
77号 平成15年12月建設 高さ40.6メートル
77-1号 不明
78号 不明
79号-甲 不明
79号-乙 不明




写真はクリックで拡大します。

31号~柿生線19号はこちら


d0224990_15283079.jpg

▲桜ヶ丘線30
浅川を越えます。3回目の紅白。
30号から万願寺付近までは浅川と多摩川の間の突き出した区間を通ります。その区間には水処理場などがあって、自転車で走っていてもつまらなく、前回百草線のときに来てるので、接近はしませんでした(_ _)


d0224990_15311655.jpg

▲桜ヶ丘線29
というわけで遠くから。
yunomi-chawanのいい加減さがみてとれます。百草線訪問時の写真はこちら


d0224990_15323188.jpg

▲桜ヶ丘線28
もういっちょ。


d0224990_15333220.jpg

▲桜ヶ丘線27
まだまだ!
下段百草線から浅川水再生センター線(~浅川水再生)が地下分岐。


d0224990_15362781.jpg

話はそれて、これは何でしょう。
そう「大賀ハス」。
浅川を走行中におじさんに話しかけられ「あそこ見てごらん、あれはなんだ?大賀ハスだよ。すごいだろ」と熱弁。その他浅川の話や、虫の話、水を研究する機関があった話など10分ほどお話をお聞きました。
わかる方にはわかるのですが、9月に大賀ハスが咲いていることに少し驚いています。というのもこれが咲くのは通常7月ごろ。遅いんですね。でも、おじさんのおかげで稲穂とハスの2ショットを撮影することができました。ありがとう!
d0224990_1541236.jpg



d0224990_15415332.jpg

▲桜ヶ丘線26
ここから接近しました。
d0224990_15424163.jpg

会社等不明


d0224990_15443470.jpg

▲桜ヶ丘線25


d0224990_15435556.jpg

▲桜ヶ丘線24
d0224990_15453383.jpg

会社等不明  (おそらくau)
d0224990_15462068.jpg

会社名・基地局名は茂みで確認できませんでしたが、上写真のGPSがあったのでauと推測しています。


d0224990_15474795.jpg

▲桜ヶ丘線23
下段の百草線はここから高幡不動線になります。地下分岐は高幡不動線(~日18号YJ)


DATA

区間     : 多摩橋線61~日18号YJ
推定電圧   : 66kV
回線数    : 2(桜ヶ丘線を含まず)
導体数    : 1
架空地線数 : 2
所要時間   : 10分 (管理人が自転車で要した時間)




d0224990_15504121.jpg

▲桜ヶ丘線22
下段の高幡不動線からモノレール日野線(~モノレール日野)分岐。


d0224990_1552219.jpg

こういうのをインフラの老朽化って言うんですかね@中央自動車道


d0224990_15524385.jpg

▲桜ヶ丘線21
V吊


d0224990_15532856.jpg

▲桜ヶ丘線20
鉄塔と軽トラって合いますよね。


d0224990_15545391.jpg

▲桜ヶ丘線19
紅白。ちょこちょこ登場します。
d0224990_15561642.jpg

会社名不明


d0224990_15574010.jpg

▲多摩橋線61
下段に併架されていた高幡不動線はここでお別れします。
甲州街道駅すぐ近く。


d0224990_15595287.jpg

▲桜ヶ丘線18
この鉄塔が建て替えられたのは平成2年。多摩モノレールが多摩センター~立川北で開業したのが平成12年ですので、建て替えとモノレール建設は直接的な関係はなさそうです。


d0224990_164016.jpg

▲桜ヶ丘線17
右へ屈折。
この鉄塔は結界侵入可能ですが、人の家の敷地を通ることになるのでやめましょう。


d0224990_1661021.jpg

▲桜ヶ丘線16
多摩川線右岸。


d0224990_1672065.jpg

▲桜ヶ丘線15
多摩川左岸。公園に立っています。
d0224990_1681332.jpg

結界は通路になっています。
d0224990_1610636.jpg



d0224990_16103634.jpg

▲桜ヶ丘線14
新奥多摩街道沿いです。


d0224990_16115589.jpg

▲桜ヶ丘線13


d0224990_16124154.jpg

▲桜ヶ丘線12


d0224990_16132387.jpg

▲桜ヶ丘線11≪右≫
▲郷地線1≪左≫
郷地変電所構内。桜ヶ丘線から郷地線が分岐します。

DATA

区間     : 桜ヶ丘線11~郷地変電所
推定電圧   : 154 kV
回線数    : 2
導体数    : 1
架空地線数 : 1
所要時間   : 2分 (管理人が自転車で要した時間)


d0224990_16191543.jpg

郷地変電所はこのようなフェンスレ囲まれています。
桜ヶ丘線の札は易々と確認できたのですが、郷地線が確認できません。背がない自分はフェンス上からのぞくこともできず、半分あきらめかけましたが、ある方法で確認できました。その方法は何でしょうか。
d0224990_16212454.jpg

銘板。少しへこんでます。
d0224990_16222098.jpg

変電所の開閉器(?)が片方だけ開いています。


d0224990_162314100.jpg

▲桜ヶ丘線10


d0224990_16302941.jpg

▲桜ヶ丘線9
団地の中を突き抜けます。


d0224990_16312960.jpg

▲桜ヶ丘線8


d0224990_16332993.jpg

▲桜ヶ丘線7


d0224990_16355548.jpg

▲桜ヶ丘線6
ちょっとした坂を上ります。


d0224990_16372487.jpg

▲桜ヶ丘線5
道と道の間の植え込みに立っています。結界侵入は可能ですが、植え込みがきれいすぎて入れませんでした。


d0224990_16395212.jpg

▲桜ヶ丘線4
公園にあります。
近くに鳥小屋があってインコなどが飼われていました。


d0224990_1641198.jpg

いまいち盛り上がってるような気がしない国体。
(訪問当時は開催前)


d0224990_1642292.jpg

▲桜ヶ丘線3


d0224990_16435187.jpg

▲桜ヶ丘線2
東中神駅の北側です。


d0224990_16451536.jpg

▲桜ヶ丘線1≪右≫
昭島変電所構内。
左の鉄塔は豊昭線58号です。向かい合っています。





ここからは電波塔まとめ
d0224990_16501066.jpg

キャリア不明・局名不明
稲城市坂浜
太い鋼管でした。


d0224990_16513953.jpg

おそらくWILLCOM・局名不明
稲城市坂浜
このような形はたいていPHSです。


d0224990_16542264.jpg

キャリア不明・局名不明
稲城市坂浜


d0224990_16553052.jpg

WILLCOM・局名不明
稲城市坂浜


d0224990_16564796.jpg

おそらくドコモ・CV日野新井東RK
日野市落川


d0224990_16581163.jpg

NTTドコモ・CV立川柴崎
立川市柴崎五丁目


d0224990_1742351.jpg

au・局名不明
これが携帯電話の基地局なのかわからないが、電柱に設置されたアンテナ。


d0224990_1722722.jpg

帰り際に見た信号機。最近はほとんどがLEDなので懐かしさを感じました。

以上、桜ヶ丘線、終了。
これで鉄塔ネタはなくなりました。鉄塔ネタどころかネタはすべて使い果たしました。とりあえず米タンでも撮って載せたいと思います。ネタの有無に関わらないことなのですが、右でもお知らせしたように10月中頃までつぶやきをお休みします。また、ブログの更新もスマホからを除いてお休みします。よろしくお願いいたします。
[PR]
by yunomi-chawan | 2013-10-02 00:01 | 鉄塔のある風景


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル