鉄塔 相模川線
相模川線を調査します。
相模川線は北相模変電所から中相模変電所までの送電線です。一部秦浜線に併架されますが、ほとんどが独立です。JR相模線(鉄道)と並行しています。

写真がとても多いので、PCでもそうですが特に携帯やスマホでご覧になる方は通信量にご注意ください。みんなパケホだと思うけどさ。

地図

DATA

区間     : 北相模変電所~中相模変電所
回線数    : 2
導体数    : 1
架空地線数 : 2
所要時間   : 3時間20分(管理人が自転車で要した時間)
勾配     :小中大激



厚木北線
1号
麻溝線
2-1号
2-2号 S53.7 53m
相模川線
4号 S58.3 51m
5号 S58.4 56m
6号
7号 S58.3 59m
8号
9号
10号
11号
12号 S58.3 54m
13号 S58.3 56m
14号 S58.3 53m
15号
16号
17号
18号
19号 S58.3 57m
20号 S58.3 59m
21号 S58.3 59m
22号 S58.3 59m
23号
24号
25号 S58.3 48m
26号
27号 S58.3 56or8m
28号
29号 S58.3 59m
30号 S58.3 69m
31号 S58.3 51m
32号 S58.3 48m
33号
34号 S58.3 59m
35号 S58.3 57m
36号 S58.3 50m
37号
38号
39号
40号
41号
42号 S49,10 51.3m
43号
44号 S49.10 45.3m
45号 S49.10 55.9m
46号 S49.10 48.3m
47号
48号
49号
50号 S47.4 42m
51号 S47.4 45m
52号
53号
54号
55号
56号 S47.4 42m
57号 S47.4 45m
58号 S47.4 42m
59号 S47.4 42m
60号 S47.4 42m
秦浜線
52号
53号 S46.6 78m
54号 S46.6 78m
55号
56号
57号
58号




写真はクリックで拡大します。


正直言って、途中で飽きます。




d0224990_20452882.jpg

たしか厚木北線1厚木北線69号≪一番奥の鉄構≫
ささのたかよし さん ありがとうごさいました。

プレートの写真を撮り忘れ、メモも忘れたためあやふや。



d0224990_20493220.jpg

麻溝線2-1≪右≫
先ほどの鉄構から受け取ります。中段です。
厚木北線2号相当。



d0224990_20534271.jpg

麻溝線2-2≪左≫
相模川線4≪右≫
中段の厚木北線の送電線は4号鉄塔へ。4号鉄塔では地下から相模川線を受け取ります。地下の先は同じ変電所。本当の相模川線はここからです。
麻溝線とそれに併架されている大沼線は後日掲載する予定です。



d0224990_20555082.jpg

相模川線5
上段が厚木北線、下段が相模川線ということになります。正しいんだよね?
通常は上段の名称がつかわれるのですが・・・。

ちなみにネットつき鉄塔です。



d0224990_2152391.jpg

相模川線6
上段が厚木北線、下段が相模川線です。
通常サイズの川を渡ります。



d0224990_2164092.jpg

相模川線7
先ほどの川をもう一度渡ります。
行ったり来たりと面倒です。これがあきさせる原因かも。



d0224990_21105687.jpg

相模原線8,9≪奥から≫
近づきにくいですね。相模線の踏切きわからの撮影です。



d0224990_2193624.jpg

相模原線10
形に特徴がないんですね・・・




d0224990_21161182.jpg

相模原線11
特徴がありました。
高電圧で門型です。迫力ありますね。



d0224990_21173268.jpg

相模原線12
踏切からの撮影となると、鉄塔からえらく近くなったり遠くなったりしてしまいます。



d0224990_2119825.jpg

相模原線13
気になっていることがあります。
門型の足が広いこと。バランスを取るためなのかなぁって思ってみたりするのですが、車返線でかなり狭い門型を見たこともあります。では、相模線のもしもの複線化に対応するためでしょうか。そういわれるとその通り、複線分に見合った広さはあります。



d0224990_2122117.jpg

相模原線14
最後の門型です。
この先は河岸段丘の段丘崖をくだります。



d0224990_2123330.jpg

相模川線15
段丘面上側から撮影。鉄塔は下。
相模線の架線が写り込んでいます。



d0224990_21243780.jpg

相模川線16
段丘を降りられない(泣)
降りた後も戻って撮影は面倒なのでしませんでした。



d0224990_2126267.jpg

相模川線17
初の赤白鉄塔です。
手前の道路の傾斜は9%。かなり急斜面です。
ここに行った日は日曜日。そしてこの時期。町内会の清掃活動があちこちで行われていました。



d0224990_2131822.jpg

相模川線18号



d0224990_2135991.jpg

相模川線19号
この辺りから平坦な道のりになっていきます。
今は田植えの時期なんですね。



d0224990_21374123.jpg

相模川線20
この辺りからだいぶ飽き始めました。


d0224990_16403624.jpg

相模川線21
上段が厚木北線、下段差が相模川線です。
しかし、鉄塔にそのような表示はない。


d0224990_16412575.jpg

相模川線22
相模線(鉄道)の右側に行ったり、左側にいったりとします。
相模線は横須賀線(鉄道)のように踏切が向こうの方に行かなければない-という路線ではないので、行き気は楽です。歩行者専用の踏切もたくさんあります。


d0224990_16422419.jpg

相模川線23
相武台下駅の裏側。もっと街になっているのかなと思っていました(失礼)。駅の裏まで田んぼが広がっているのですね。田んぼや畑の畔道に入るようなことはしていません。


d0224990_16463272.jpg

相模川線24
畑で働く人と比べると鉄塔が大きいのがよくわかります。


d0224990_16472235.jpg

相模川線25≪手前≫
近づけませんでした。


d0224990_16482185.jpg

相模川線26
ここでまた相模線をまたぎます。


d0224990_16491841.jpg

相模川線27
てきとうに電車と絡めようと思っていたのですが、単線なだけに電車来ない。諦めました。
あれが205系とは目を疑います。


d0224990_16511621.jpg

相模川線28
畑が広がります。写真は撮りやすいものの・・・風景が変わらない。
これとったすぐ後に電車通過するorz


d0224990_16524270.jpg

相模川線29
陸橋のすぐそばにあり、マンションもあるため撮影が少し難しい。反対かわからなら撮れたかも。
ちなみにこの陸橋はしっかりと車道に沿って歩道があり乗りながら越えられるものの、そのルートは大周りをしないといけないので、短縮ルートの階段を自転車を担いで越えました。

余分な腕金があるのが気になるところ。


d0224990_16554399.jpg

相模川線30
相模川線をここまで辿った中で一番の農村風景?
入谷駅すぐそば。


d0224990_16574648.jpg

相模川線31
この轍(ワダチ)ができた道は通ることにします。


d0224990_1781612.jpg

相模川線32
スピートが出せません。
相模原でキリンレモン買ったぜぇ。自転車のかご入れてたら振動で炭酸が抜けて甘い水になったぜぇ。ワイルドだろぉ?


d0224990_16585995.jpg

相模川線33


d0224990_1711029.jpg

相模川線34
一度コンクリートの道に戻ります。
少しほっとします。


d0224990_172107.jpg

相模川線35
また砂利道再開。
陸橋はR246。


d0224990_1724697.jpg

相模川線36
右に90度屈折します。
上段が北厚木線、下段が相模川線。


d0224990_1710899.jpg

相模川線37
左から来た相模川線は奥方向へ。
右側に海老名線を分岐。


d0224990_171293.jpg

相模川線38
日立ピアメカニクス内。


d0224990_17135730.jpg

相模川線39
相模川線は下のJRの海老名変電所に分岐。
路線名不明。
d0224990_1714545.jpg

d0224990_17151729.jpg



d0224990_1716749.jpg

相模川線40
写真が若干緑がかっているんだが(・ω・)


d0224990_17172071.jpg

相模川線41
また線路越える。
左に屈折。


d0224990_1718553.jpg

相模川線42
小田急ファミリー鉄道展2011に来た時に一度来ています


d0224990_17201882.jpg

相模川線43
左へ屈折。
ここから先は本当に農業地帯。


d0224990_1721771.jpg

相模川線44
鉄塔の下に歩行者用道路が整備されています。


d0224990_17223768.jpg

相模川線45
相模川線から大谷線が分岐。(後日掲載)
→が相模川線。


d0224990_17243282.jpg

相模川線46
ここからが正念場。


d0224990_17252673.jpg

相模川線47
上段厚木北線が右へ屈折。
中段相模川線が左へ屈折。
右側から左側へ海老名西線。


d0224990_17303126.jpg

相模川線48
上段が相模川線、下段が海老名西線。
ここでやっと上段の送電線が鉄塔名を名乗れることに。


d0224990_17322634.jpg

相模川線49
V吊です。好みの形。


d0224990_17332621.jpg

相模川線50≪左≫
この時点で12時に近づいていたため焦り出す。門限までに家に帰らなくては。


d0224990_17345472.jpg

相模川線51
焦りすぎたためにピン甘。
甘いどころではない。


d0224990_17354839.jpg

相模川線52
この辺りは若干、上ったり下ったりする。


d0224990_17364113.jpg

相模川線53
よく確認しようと横断歩道の前でかばんをあさっていたら、トラックのおじさんに先に渡ってくださいとジェスチャーされ、断れず渡ってしまった。確認できなかった。
陸橋は東名高速道路です。東名高速からよく見る鉄塔は相模川線でした。


d0224990_17385583.jpg

相模川線54
ビルの合間の鉄塔。


d0224990_1740277.jpg

相模川線55
高座線分岐。後日掲載。


d0224990_17411281.jpg

相模川線56


d0224990_17425620.jpg

相模川線57
また砂利道です。もうすぐだ。


d0224990_17435656.jpg

相模川線58
奥に見えるのは秦浜線。あとで辿ります。


d0224990_17463281.jpg

相模川線59≪右≫
最後の単独鉄塔。
頭上を秦浜線が越えて、秦浜線の中段以下と相模川線が下の鉄塔(60号)で交差、分岐します。
似たような形はどこかで見たような。あのときは接続なしだったけ?


d0224990_1755555.jpg

相模川線60
先ほどから逆方向に撮影。

頭上秦浜線通過。
この鉄塔は、
上段の相模川線は奥から来て右へ分岐。
相模川線から富士ゼロックス本郷線(後日掲載)と、下沖線?分岐。(調べ不足)
下段の海老名西線はそのまま曲がっていきます。


d0224990_187818.jpg

秦浜線52
上段は秦浜線。
中段は相模川線。
下段は海老名西線。
秦浜線は意外と辿られている方が多いです。


d0224990_1885080.jpg

秦浜線53
中段は相模川線。
地元小学生に「なに撮ってんのあの人!!」と言われ、適当に撮ってその場を去ります。
小学生は容赦なく言ってきます。


d0224990_18102459.jpg

秦浜線54
中段は相模川線。

大きい鉄塔では撮る場所を逃してしまうのは私だけ?


d0224990_18131639.jpg

秦浜線55
中段は相模川線です。


d0224990_18141495.jpg

秦浜線56
中段は相模川線。
もう終わります。


d0224990_1817683.jpg

中相模変電所構内。
撮れる場所がここと正門しかなくて、とりあえず撮った写真。
とりあえず鉄塔がゴチャゴチャしています。プレート確認はできず。
というわけで相模川線終了。


d0224990_1820868.jpg

[PR]
by yunomi-chawan | 2013-05-30 05:00 | 鉄塔のある風景


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル