鉄塔 旭綱島線
旭綱島線(あさひつなしま)を調査します。
旭綱島線は旭変電所から綱島変電所までの送電線です。名前は二つの名前を組み合わせたようです。
旭変電所と綱島変電所はそれなりに大きい変電所にも関わらず、とても近い場所にあります。送電線は途中で鶴見川を越えます。この川はこの辺りまで来ると川幅が大きくなり、橋と橋の間隔が長くなります。しかし、この送電線は比較的橋に近い場所で川を越えるので、大きく迂回する必要はありません。自転車であればすぐです。ただし、新川線、市場線、小倉線、東洋製缶線、京南線をたどり普段を運動していない私にしたら、その短い距離がとても長く感じられました。


地図

DATA

区間     : 旭変電所~綱島変電所
推定電圧   : 66kV??
回線数    : 2
導体数    : 1
架空地線数 : 1
所要時間   : 30分(管理人が自転車で要した時間)
勾配     :小中大激



    1号 札がない
    2号 昭和58年7月建設 高さ24メートル
    3号 昭和58年7月建設 高さ52メートル
    4号 昭和58年7月建設 高さ34メートル
    5号 昭和58年7月建設 高さ41メートル
    6号 見えない。 




写真はクリックで拡大します。


d0224990_1145367.jpg

▲旭綱島線1
旭変電所からスタートです。
おそらくこの鉄構(門型?)が1であると思います。2は普通の鉄塔になっています。
札は付いていないので、詳細は不明です。

同じ旭変電所につながる小倉線の1号鉄塔もこの鉄構のようでした。


d0224990_11482040.jpg

▲旭綱島線2
上部を送電線が通過しているため、低めの鉄塔となっています。


d0224990_11494481.jpg

▲旭綱島線3
ここで県道140号線(手前の道路)をこえます。かなり高めの鉄塔ですね。


d0224990_11513837.jpg

▲旭綱島線4
よくある形の鉄塔です。
丘陵地民にしてみると、この辺りの平地は歩きやすい、走りやすいです。武蔵野台地もうらやましい。
おかげで足腰は強いのかな?(んなことぁない。)


d0224990_11532967.jpg

▲旭綱島線5
奥が4号方向です。
ここと次の鉄塔の間で鶴見川を超えます。


d0224990_1155289.jpg

▲旭綱島線6≪右≫
右側が5号方向。
ここで角度をつけて綱島変電所に行きます。


[PR]
by yunomi-chawan | 2013-04-06 06:00 | 鉄塔のある風景


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

人気ジャンル