鉄塔 東京西線
 東京西線を調査します。
 東京西線は西東京変電所~南多摩変電所~新多摩変電所につながる275kVの送電線です。西東京変電所は町田市、南多摩変電所は八王子インターの近く、新多摩変電所は東京の山間部にあります。私が自転車で新多摩変電所まで行けるはずがないので、西東京変電所~南多摩変電所を調査しました。南多摩変電所~新多摩変電所は車を運転できるようになってから行きたいですね。
 浅川より南側の鉄塔はほとんどが山の中または山の上なので近づきにくいです。

地図

DATA

区間     : 西東京変電所~新多摩変電所 (調査は南多摩変電所まで)
推定電圧   : 275kV
回線数    : 2回線
導体数    : おおむね4導体
架空地線数 : 2 
所要時間   : 2時間半(自転車)(当ブログ管理人が要した時間)(西東京変電所~南多摩変電所)


    1号 不明
    2号 不明
    3号 不明
    4号 不明
    5号 不明
    6号 不明
    7号 不明
    8号 昭和50年6月建設  高さ67メートル
    9号 昭和50年6月建設  高さ82メートル
   10号 不明
   11号 昭和50年6月建設  高さ82メートル
   12号 不明
   13号 昭和50年6月建設  高さ65メートル
   14号 不明 
   15号 不明
   16号 昭和50年6月建設  高さ71メートル
   17号 昭和50年6月建設  高さ80メートル
   18号 不明
   19号 不明
   20号 不明
   21号 不明
   22号 不明
   23号 不明
   24号 不明
   25号 不明
   26号 昭和50年6月建設  高さ79メートル
   27号 不明
   28号 昭和50年6月建設  高さ77メートル
   29号 昭和50年6月建設  高さ77メートル
   30号 不明
   31号 不明
   32号 昭和50年6月建設  高さ83メートル
   33号 不明
   34号 昭和50年6月建設  高さ73メートル
   35号 昭和50年6月建設  高さ79メートル
   36号 不明
   37号 不明
   38号 昭和50年6月建設  高さ80メートル
   39号 昭和50年6月建設  高さ89メートル
   40号 不明
   41号 不明
送電線は新多摩変電所まで続く






d0224990_18303023.jpg

▲東京西線1
西東京変電所北側からスタート!
変電所鉄構からこの鉄塔までは2導体です。


d0224990_18334118.jpg

▲東京西線2≪右≫
左の鉄塔は只見幹線。黒碍子です。
右が東京西線。下段にもう一つ腕金があります。港北線に似ています。


d0224990_1835843.jpg

▲東京西線3≪右≫
左は只見幹線。この只見幹線は数年前に建て替えられました。もともとは只見幹線の鉄塔ではなかったようですが・・・
右が東京西線。
私有地のため近づけません。


d0224990_18372846.jpg

▲東京西線4
昔は近づけましたが、明治大学の農地ができたため接近できなくなりました。


d0224990_1839888.jpg

▲東京西線5
やっまのなか~♪ (山の中)


d0224990_18395997.jpg

▲東京西線6
やっまのなか~♪ (山の中)


d0224990_18412284.jpg

▲東京西線7
自転車では近づけません。尾根幹線道路から撮影。
余分な腕金は2号からここで一旦終わり。


d0224990_18421888.jpg

▲東京西線8
d0224990_19154922.jpgやっと近づけます。ここから多摩ニュータウンの範囲に入ります。
多摩ニュータウンと聞くと道も多くあって辿りやすいと思う方もいるかと思いますが、ここは昔はただの森と谷戸。この辺りの鉄塔のプレートには「昭和50年」と記載されたものが多いですが、それらは多摩ニュータウンの開発と同時(実際には少し後)に建て替えられた(増強された)ものだそうです。建て替えられるまえは小さな弱弱しい鉄塔だったようです。ということで、鉄塔の配置は多摩ニュータウンの開発とは全く別だったので次の鉄塔までかなりの時間を要するところもあります。建て替えと同時にほとんどの鉄塔が鋼管になってしまいました。
足元にフェンスはありませんが、真下には植え込みがあるので真下から写真を撮ることはできません。
増強については鉄塔見聞録さんのサイトに詳しく載っています。



d0224990_19195926.jpg

▲東京西線9
d0224990_1921119.jpg実はこの鉄塔は以前訪問済み。その時は夏だったので蝉がうるさかったなぁぁぁ。蝉大っ嫌い。



d0224990_1955225.jpg

▲東京西線10
鉄塔のまわりだけ丘になっている。
某サイトに、多摩ニュータウンを開発するときに政府関係者がこの鉄塔の真下で視察している写真があった。おそらく、開発前の地面レベルはこの鉄塔であったに違いない。
(ごめんなさい、丘は撮り損ねました)


d0224990_19581089.jpg

▲東京西線11
ここからまた腕金が復活。
10号からこの鉄塔まで一旦山を下り、また登る。これぞ、開発前の地形?


d0224990_201523.jpg

▲東京西線12≪右≫
d0224990_2023926.jpg左は只見幹線。2号以来の再会。(もうここからは会わないよ)
只見幹線をくぐるため、架空地線が少し低くなる。




d0224990_2043933.jpg

▲東京西線13
坂を下ってこの鉄塔に行こうとすろと遠回りなので、自転車をもって階段をおりた。
これぞ、開発前の地形?(言いすぎ)


d0224990_2061416.jpg

▲東京西線14
京王相模原線、小田急多摩線の車窓からもよく見える。


d0224990_208283.jpg

▲東京西線15≪左≫
≪右≫の立ち上がった愛宕線4号が東京西線15の下段に。
愛宕線は地下ケーブルでそばの愛宕変電所へ。
(写真は信号機にピントがあってますが)


d0224990_2095062.jpg

▲東京西線16 下段は愛宕線3相当
公園を通っていたら木が邪魔に。


d0224990_20111622.jpg

▲東京西線17 下段は愛宕線2相当
この鉄塔のそばに貝取線と境八王子線がある。(接続はない)


d0224990_20131164.jpg

▲東京西線18 
中段は由木線33相当と愛宕線1相当
下段は府中線24相当


d0224990_20182988.jpg

▲東京西線19
中段は由木線34相当
下段は府中線23相当
東京西線18とこの鉄塔の間に府中線23-1があるが、東京西線とは関係ないので写真は撮りましたが、公開しません。


d0224990_20211237.jpg

▲東京西線20
中段は由木線35相当
下段は府中線22相当
説明を忘れましたが「相当」は個人的な勝手な想像番号です。


d0224990_20241272.jpg

▲東京西線21
中段は由木線36相当
下段は府中線21相当
東京西線20とこの鉄塔の間に、府中線21-1と府中線21-2があるが、東京西線とは関係ないので、写真は撮ったが公開しません。府中線21-2は地下ケーブル分岐、21-1は分岐型だが分岐なし。21-2鉄塔そばは立ち入り禁止で近づけなかったため、分岐プレート確認できず。どこいくんだろうか・・・。すぐそばに多摩都市モノレールの東中野変電所があるのでそれ関係?
東京西線21は明星大学入ってすぐにある。近寄りたくて守衛さんの前でウロウロしたり、鉄塔を眺めたりしたが効果なし。お願いすればよかったかも。


d0224990_202924.jpg

▲東京西線22
中段は由木線37相当
下段は府中線20相当
やっまのなか~♪ (山の中)


d0224990_20323896.jpg

▲東京西線23
中段は由木線38相当
下段は府中線19相当
やっまのなか~♪ (山の中)


d0224990_20344940.jpg

▲東京西線24
中段は由木線39相当
下段は府中線18相当
あっかしろ~やっまのなか~♪
2回目の紅白です。
d0224990_20372646.jpg多摩テックはすでに無くなっているのに、交差点名は生き残っていました。

d0224990_20374989.jpg雪が残ってたーーーー!いつのもの????ドロまみれだったけど。



d0224990_20403681.jpg

▲東京西線25
中段は由木線40相当
下段は府中線17相当


d0224990_20413998.jpg

▲東京西線26
d0224990_20415944.jpg中段は由木線41相当
下段は府中線16相当

カラスが営巣中
親が巣の上(中)にいます。



d0224990_20435483.jpg

▲東京西線27
中段は由木線42相当
下段は府中線15相当
標高がかなり下がります。


d0224990_2046611.jpg

▲東京西線28
中段は由木線43相当
下段は府中線14相当
d0224990_2047121.jpg
左の写真のように中央分離帯に送電線や鉄塔がある場所多いですよね。こういう道になんか名前をつけたくなりますね。鉄塔分離帯と名付けよう。




d0224990_20495552.jpg

▲東京西線29
中段は由木線44相当
下段は府中線13相当
浅川を越えます。浅川って名前の通り浅いんですね。



d0224990_20534728.jpg

▲東京西線30≪左≫
中段は由木線45相当
下段は府中線12相当
≪右≫の鉄塔は府中線12-1
右の鉄塔から平山線(~平山変電所(真下の建物))が分岐。


d0224990_20573611.jpg

▲東京西線31
中段は由木線46相当
下段は府中線11相当


d0224990_20593990.jpg

▲東京西線32
中段は由木線47相当
下段は府中線10相当
もう少しですね。


d0224990_2112484.jpg

▲東京西線33
中段は由木線48相当
下段は府中線8相当
この写真めっちゃ逆光。
東京西線32とこの鉄塔の間に高幡線28がある。この高幡線28鉄塔の下段に府中線9相当がある。上段は高幡線。府中線と高幡線の接続はない。


d0224990_216213.jpg

▲東京西線34
中段は由木線49相当
下段は府中線7相当
電車でも遠いと思っていた場所まで自転車だけできてしまった・・・。


d0224990_2171679.jpg

▲東京西線35
中段は由木線50相当
下段は府中線6相当


d0224990_2183945.jpg

▲東京西線36
中段は由木線51相当
下段は府中線5相当
一部赤色になっている。


d0224990_21101937.jpg

▲東京西線37
中段は由木線52相当
下段は府中線4相当
この辺りは工業団地の模様。


d0224990_21114828.jpg

▲東京西線38
中段は由木線53相当
下段は府中線3相当


d0224990_2113226.jpg

▲東京西線39
中段は由木線54
下段は府中線2相当
中央道を越えます。
マイクロ電波塔が見えてきた。
注意:南多摩変電所は南多摩駅の近くにはありません。数キロ離れています。歩くと6時間以上かかると思います。


d0224990_21145230.jpg

▲東京西線40≪一番右≫
中段は由木線55相当
下段は府中線1相当
東京西線と由木線・府中線は別々の鉄構へ。


d0224990_21181277.jpg

▲東京西線41≪中央の鉄構内≫

▲東京西線42≪左≫
中段は秋留線2号相当
下段は青梅南多摩線2号相当?


d0224990_2121782.jpg

新多摩変電所まで続きます。
[PR]
by yunomi-chawan | 2013-03-06 16:22 | 鉄塔のある風景


鉄塔、鉄道、地図、バス、旅、駅、自転車、など多種多様


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


2014年12月6日まで 806回







過去のトップ画

クリック



はじめにお読みください。
yunomi-chawan

検索

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

カテゴリ

全体

社会
季節
散策
自然
鉄道
食べ物
ブログ
米タン
野鳥図鑑
駅シリーズ
恐怖シリーズ
俺のお気に入り
鉄塔のある風景
電信柱のある風景
日本の街道をゆく
南武線全車撮影計画
-

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2015-01-03 00:00
あけましておめでとうございます
at 2015-01-01 00:00

記事ランキング

タグ

(46)
(10)

その他のジャンル